PMIにおける
財務プロセス整備

クロスボーダーM&AにともなうPMI、特に素早く適切なレポーティングプロセス作りや、プロセス管理のシステム化について多くの実績を有しており、標準的な仕組みとしてご提供することが可能です。

PMIにおける財務プロセス整備

代表的な事例

お客様の課題
PMIを成功させるためには、ガバナンス体系の構築が不可欠であり、正しい経営情報がDay1からレポーティングされる体制を構築する必要がある。

一方、クロスボーダーM&Aの場合、現地の会計システムを理解し、親会社の求める報告体系に翻訳し、それを現地スタッフに定着化させることに手間暇をかけている。

また、戦略としてのM&Aが常態化している昨今においては、連結財務諸表におけるのれんが増加し、財務インパクトをおよぼすリスクアセットとなっている。

そのような状況において、評価方法等を親会社で一元的に認識し、そのプロセスを可視化することが必要となる。
お客様への提供価値
財務情報を中心とした親会社へのレポーティングプロセスを被買収企業の会計システムの状況も理解したうえで、適切な報告体系と現地経理部教育を、パッケージとしてご提供することにより、PMI負荷を軽減することが可能です。

また、資産評価プロセスをシステム基盤の上で可視化(見える化)させることで、決算期に突如発生する減損等、不測の損失発生リスクを低減させるとともに、共通プロセスとフレームワークが整備され、継続的なM&Aインフラを作ることができます。

関連製品

お問い合わせ