MESSAGE

メッセージ

グループ経営の進歩に貢献できる情報環境を。

「様々な企業情報システムが発展する中、経営情報のハブであるグループ経営システムや連結会計システムは必要なのか?」創業以来、自らに問い続けてきた命題です。

情報技術の発展により、一つのシステムで全ての事業を可視化する事は可能になったかもしれません。しかし、多様な文化、人種、制度をもつ社会同様に、人間の営みである企業活動のための情報環境もダイバーシティに満ちたものであり続けるでしょう。

そのような考え方のもと、当社では、多様かつ動的な社会環境を前提とした「グループ経営のための情報システム」として、連結会計システムを始め、関連するソリューションをお客様とともに開発してまいりました。

代表取締役社長 森川 徹治

その結果、当社が提供するシステムやソリューションは、連結決算業務にとどまらず、お客様のグループ・ガバナンスやグローバル経営へとその貢献領域が広がってまいりました。

グループ経営専業の当社は、お客様とともに引き続きグループ経営のための情報環境のあり方を磨き、その知見や経験を最善の情報技術をもって形にすることで、お客様のグループ経営の進歩に貢献してまいります。

引き続き、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

令和二年三月
森川 徹治

代表取締役社長 森川 徹治