会社情報

お問い合わせ・資料請求
ご挨拶

社長ご挨拶

あらゆる企業活動に透明性が求められる時代が到来したら私たちの社会はどのように変わるのだろうか。そんな問いかけから生まれたのが私たちのミッションである「経営情報の大衆化」です。 このミッションは、企業活動における共通言語である財務情報を中心にあらゆる企業活動の情報公開を可能とする環境を整えることで、新たな時代における企業経営の品質(倫理)と生産性の向上に貢献しようというものです。その実現に向け、私たちは三つの柱に注力し、お客様にとって価値のある商品・サービスを提供していくことを目指しています。

高度な業務専門性

一つめの柱は、高度化・複雑化する業務領域である「グループ経営」・「連結会計」業務にフォーカスを当てることで、業務の専門性を磨き、お客様の要請に的確にお応えすることです。グループ経営を推進するための基礎である連結会計業務については常に変化する会計制度を積極的に取り入れ、またグループ経営の視点では、グローバル連結経営の最先端事例より学び、本分野におけるシェアNo.1企業の名に恥じないサービスをご提供いたします。

ホスピタリティを持ったサポート

二つめの柱は、ソフトウェアの利用方法にとどまらず、業務的視点や、システム運用の視点からもアドバイスができるサポートサービスを提供していくことです。ソフトウェアを導入して情報基盤を整備しても、それを活用できなければ価値を実感していただけません。私たちのサービスは、ソフトウェアの提供だけに完結するものではなく、それをご活用いただくための支援まで含めたものと考えており、弊社のソフトウェア導入後に、お客様が安心して業務を運用できるサポートをご提供いたします。

貢献領域の拡大

三つめの柱は、連結会計ソリューションを中核として、新しいソリュ―ションを展開することによるお客様への貢献領域の拡大です。創業以来の主力事業である連結会計ソリューションについては、IFRSに代表される会計制度の変化に対応すべく従来以上の強化を図っておりますが、常に高度化・複雑化の一途をたどるお客さまの課題にお応えするべく、以下の3つを軸とした新しいソリューションをご提供いたします。

  1. DivaSystem GEXSUSを活用したグループ統合会計ソリューション
  2. 経営会計・経営管理ソリューション
  3. 連結決算業務トータルアウトソーシング

代表取締役社長 森川 徹治