導入事例

お問い合わせ・資料請求

大和リビング株式会社 様

お客様情報

  • 連結売上高(大和リビングカンパニーズ):300,426百万円(2014年3月期)
  • 従業員数:連結 1,545名(2014年3月31日現在)
  • 拠点数:9支店、112拠点(平成26年4月1日現在)
  • 事業内容:賃貸住宅、賃貸マンション管理/運営事業 他
大和リビング株式会社 イメージ

全国112拠点の管理会計基盤としてDivaSystemを採用
実績と予測を素早く分析

賃貸住宅の豊富な経験を活かして、物件の経営や管理、資産運用を支援している大和リビングは、事業内容に基づく会社組織の再編や新会社の設立を行い、大和リビングカンパニーズとしてトータルなサービスを提供している。経営資料の作成において、業績評価のために営業所ごとの実績を連結する必要が生じた同社は、作業の効率性を重視してシステム化を決断。DivaSystemを基盤として、速報性のある経営資料の作成を実現した。

導入前の課題、懸案事項

  • 事業内容に基づく会社組織の再編により、従来1社で完結していた業績評価でグループ内の連結処理を行う必要が生じた。
  • 経営資料の速報性を維持するため、全国112拠点のデータ集計など一連の作業をExcel(手作業)で行うには限界があると考えていた。
  • 基幹システムをベースとした管理会計では項目が粗く、融通の利くシステム環境を求めていた。

導入効果

  • 実績データは基幹システムからDivaSystemに直接取り込み、管理会計の連結処理を大幅に効率化した。
  • 各営業所からの見込み(計画)データもDivaSystemに蓄積し、経営資料に速やかに反映できる基盤を整備できた。
  • 柔軟な運用、小回りが利くシステムとして、今後さらに活用できる基盤を実現できた。

【導入製品】DivaSystem

実装機能 フロー図