導入事例

お問い合わせ・資料請求

国際興業管理株式会社 様

お客様情報

  • 従業員数:約9,500人(グループ連結)
  • 子会社数:国内外約30社
  • 事業概要:運輸・交通、観光・レジャー、流通・商事、不動産など
国際興業管理株式会社 イメージ

連結決算に取り組むことを決断してシステムと体制を整備
DivaSystem NRNに内部取引情報をすべて集約して
照合作業の効率化と短期化をはじめとする数々の効果を達成

国際興業グループは、運輸・交通、観光・レジャー、流通・商社、不動産など幅広い事業を展開しており、グループ企業は約30社を数える。連結決算に取り組むことを2007年に決断し、特に内部取引の照合作業で効率性と高い精度の両立を目指した同社は、連結決算システムの導入とグループ全社における体制づくりを進めてきた。ディーバの手厚い対応と、内部取引照合を請求書単位で対応可能な点を評価してDivaSystem NRN(ディーバシステム ニューロン)を採用。2008年より運用を始め、確かな効果を上げている。

導入前の課題、懸案事項

  • 非上場で連結決算が義務付けられていないため簡易的な処理を行っていたが、取り組み強化の必要が生じた。
  • 連結決算の本格化にあたり、Excel による内部取引の照合作業にかかっていた負荷や時間の削減、効率化が必要と判断した。

導入効果

  • DivaSystem NRNに各社の情報を取り込み、内部取引の照合期間を1/2ほどまで短縮できるようになった。
  • 詳細な取引データをDivaSystem NRNに集約することを通して、親会社が把握しきれていなかった内部取引の詳細が可視化できるようになった。
  • DivaSystem NRNの運用を通して、グループ会計方針が十分に浸透していないことがわかり、改善のアクションに結びつけることができた。

【導入製品】DivaSystem NRN

導入製品 DivaSystem NRN フロー図