導入事例

お問い合わせ・資料請求

日信工業株式会社 様

進み始めたグループ経営管理

グループ内のどこかに情報がある(探せばどこかにある)のではなく、ここに必ず入っているという基盤を作りたかった。その中で情報の不整合、漏れ、欠落を解消することで、情報の信頼性と活用範囲を拡大。これは親会社だけでなく子会社にとっても情報の報告ラインの一本化が図られるというメリットがあります。本社サイドでは経理のみならず、企画、総務、品質保証など、経理外の各部門でも共通データベースとして活用の幅が広がっています。

導入前の課題・背景

経営課題の解決をサポートするグループ経営管理の基盤整備が必要。

外部要因
  • 為替変動
  • 価格競争激化
  • 法制度の変更(新会社法、金融商品取引法、J-SOX)
内部要因
  • 為替変動に左右されない体質作りの加速
  • 生産性向上、原価低減の確立