導入事例

お問い合わせ・資料請求

ユニオンツール株式会社 様

お客様情報

  • 連結売上高:20,595百万円(2014年11月期)
  • 従業員数:連結 1,397名(2014年11月30日現在)
  • 連結子会社:海外8社(米国、台湾、スイス、上海、香港、シンガポール、東莞、外高橋(上海)、2014年11月30日現在)
  • 事業内容:切削工具、直線運動軸受、エンドミル、測定機器 など金属加工機械の製造と販売
ユニオンツール株式会社 イメージ

数百件以上の内部取引照合作業を
DivaSystem NRNで自動化・省力化
決算期統一へ向けたグループ全体の業務基盤を確立

産業用切削工具の製造・販売を手掛けるユニオンツールは、主力製品の電子回路基板用超硬ドリル(PCBドリル)で世界トップシェアを誇り、北米、欧州、アジアに生産と販売の拠点として連結子会社8社を有する。2015年度にグループ全社の決算期統一を見据え、連結決算業務の効率化に取り組んできた同社は、内部取引の照合、特にInvoiceの突合を自動化するためにDivaSystem NRN(ディーバシステム ニューロン)を2008年に導入。業務期間の大幅な短縮と精度の向上を実現し、決算期統一の基盤を確立した。

導入前の課題、懸案事項

  • 内部取引照合(Invoice単位の突合)業務にかかる親会社の負担が非常に大きく、四半期決算への対応、さらにグループ全体の決算期統一に向けてシステム化の必要を感じていた。
  • グループ間の取引状況を親会社が把握できず、監査への対応を求められていた。

導入効果

  • 「連結利益」に基づいたグループ間取引消去後のセグメント情報をスピーディに報告できるようになった。
  • グループ会社の協力の下、数百件におよぶInvoiceの突合作業をほぼ自動化。従来1 ~ 2週間以上を要していた内部取引照合業務を1日未満で完了できるようになった。
  • データ精度の向上、グループ間取引の内容の可視化が図られ、監査に要する時間も削減された。

【導入製品】DivaSystem NRN

導入製品 DivaSystem NRN フロー図