このセミナーは受付終了しました

東京連結会計

<開催延期となりました><宝印刷株式会社共催>e-Disclosureセミナー

日程
2020.2.25(火) 15:00~17:45
会場
株式会社ディーバ 本社
住所
東京都港区港南2-15-2品川インターシティB棟 13階
定員
38名様
参加費
無料(事前登録制)
開催方式
セミナー

※お知らせ※(2020年2月18日追記)
新型コロナウイルスの影響拡大に伴い、参加される方への危険性が憂慮されるとの判断から、
本セミナーは開催を延期することとなりました。
代替日程につきましては、決定次第改めて情報を更新いたします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


*本セミナーは2020年3月10日に大阪にて開催されるセミナーと同じプログラムとなります*


年々、より高度な情報のアウトプットを求められ複雑さを増す連結決算業務において、Excelを駆使した業務では対応が難しくなっております。
また、2020年3月末以後に終了する事業年度に係る報告では、記述情報の充実等を求める新しい開示ルールが完全適用されることになるなど、より開示書類作成に人の判断を要する事が想定されます。

第一部では、累計導入社数1,000社以上の実績(※)を持つ弊社が、これまで積み上げてきたノウハウを活用して、各企業が抱えている
「業務量増加による担当者の負荷増大」
「管理部門の人員削減」
「業務の属人化」
などの課題・お悩みをどのように解決するのかを、実際にシステム画面をご覧いただき、デモンストレーションを交えながらご紹介いたします。

第二部では、制度開示の変革期において、安定的且つ効率的な開示業務環境の構築を支援する、開示決算自動化ツール「X-Smart.Advance」と、連結・開示のシームレスなデータ連携を実現させるDivaSystemとX-Smart.Advanceのデータ連携ソリューション「X-transfer」をご紹介いたします。


(※)富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場」連結会計ソフト(パッケージ)売上金額2011-2018年度実績
(※)ITR「IT Market View:予算・経費・就業管理市場2019 連結会計市場:売上金額ベース2017年度実績および2018年度予測」

開催概要

日程

※開催延期となりました。
 代替日程につきましては、決定次第改めて情報を更新いたします。

2020年2月25日(火) 15:00~17:45 (受付開始:14:30~)

開催方式

セミナー

会場

株式会社ディーバ 本社
  〒108-6113 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティB棟 13階 [MAP]
  JR品川駅より徒歩8分

対象

連結決算、開示業務を効率化したいというお考えの経理・財務部の皆様
※参加対象外(同業・競合他社様など)の方からのお申込みは、誠に勝手ながらお断りさせていただく場合がございます。
予めご了承ください。

参加料

無料(事前登録制)

定員

38名 (お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。)

主催

株式会社ディーバ

共催

宝印刷株式会社

プログラム

15:05~16:05
第一部

時代の変化に順応する!連結業務を見直し、課題解決する方法について

株式会社ディーバ 事業統括本部 グループ経営ソリューション事業部 連結ソリューション推進部
山室 鋭雄

昨今、「働き方改革」というキーワードのもと、残業時間の削減やさらなる業務の効率化は日々ニュースで取り上げられております。
経理部門においては、「働き方改革」に加え、「事業拡大」「M&A」「上場」といった企業成長のための戦略に順応するため、 連結決算業務の難易度や負荷が上がり、より早い期間内でより高いレベルのアウトプットを求められる現状があります。

貴社ではこのような現状に対して、今後の業務改善・課題解決の方針を打ち出せていらっしゃいますか?
連結決算業務のIT化は、時間を確保すべき業務に注力するため、人と時間を有効活用できる問題解決方法の1つになります。
第一部では、連結決算業務において、企業が抱える課題を洗い出し、課題解決・システム選定のポイントをご紹介いたします。
講演時には、システムを導入した際の連結会計業務イメージや、第一部で挙がった課題について、システムを活用してどのように解決できるかを、弊社連結会計システム「DivaSystem」の実際の画面をご覧いただきながらご紹介いたします。

16:15~17:15
第二部

コーポレートガバナンス改革と開示制度の見直し!
~安定的且つ効率的な開示業務環境の構築を支援する、開示決算自動化ツールのご紹介~

宝印刷株式会社 ICT営業部 X-Smart室
今川 雄一 氏

金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループの報告に基づく開示布令が改正を迎えています。
・財務情報および記述情報の充実
・建設的な対話の促進に向けたガバナンス情報の提供
・情報の信頼性、適時性の確保に向けた取組み

2019年3月期より一部早期適用が行われましたが、2020年3月期より完全適用となり、報告書の記載内容が拡充されます。
働き方改革が推奨される一方で、開示ご担当者様には法改正への対応に加え、「業務の標準化」、「決算早期化」、「開示資料の正確性」等の課題とも向き合う事が求められています。
限りある時間とリソースで、これらの課題をどの様に解決していくのかをご紹介いたします。
第二部では、トレードオフな課題を解決する手段として、1,000社超の豊富な実績を誇る「X-Smart.Advance」、周辺業務まで効率化が可能なオプション機能をご紹介いたします。

17:15~17:25
デモンストレーション
連結と開示のシームレスなデータ連携を実現した、DivaSystemとX-Smart.Advanceのデータ連携ソリューション「X-transfer」をご紹介いたします。
17:25~17:45
個別相談会
当セミナー参加者限定として、コンサルタントとの個別相談会を実施させていただきます。
貴社が抱えているお悩みをこの機会に是非ご相談ください。
登壇者はもちろん、複数のコンサルタントがお待ちしております。

<開催延期となりました><宝印刷株式会社共催>e-Disclosureセミナー

日程
2020.2.25(火) 15:00~17:45
お問い合わせ