DivaSystem GEXSUS

DivaSystem GEXSUS

300時間を効率化した仕組みとは?

導入事例に見る確かな効果/大陽日酸株式会社の事例より

GEXSUS ポイント GEXSUS ポイント

DivaSystem GEXSUSの導入によって、連結子会社約150社(2014年12月時点)の連結決算業務を効率化。
各種資料の精度向上により、親会社の業務時間短縮にも貢献し、グループ全体の業務最適化を果たしている。

子会社

財務諸表とグループ間取引の
明細を自動作成

GEXSUS ポイント
同資料の作成時間と
チェック時間が短縮
GEXSUS
導入前
GEXSUS
導入後
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS アイコン
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS アイコン
  • GEXSUS 時間イメージ

親会社

財務諸表とグループ間取引の
明細残高の集計精度が向上

↓
財務諸表のチェックと
内部取引照合時間が短縮
GEXSUS
導入前
GEXSUS
導入後
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS 時間イメージ
  • GEXSUS 時間イメージ

DivaSystem GEXSUS導入で実現した
親会社・子会社間の連結作業フロー

GEXSUS 時間イメージ

DivaSystem GEXSUSに各社の個別会計システムから仕訳明細を取り込み、
統一の勘定科目に変換することで連結集計用の個別財務諸表を自動的に作成。

お問い合わせはこちら

GEXSUS 時間イメージ GEXSUS 時間イメージ

GEXSUS フローイメージ
GEXSUS フローイメージ

DIVAでは、個別会計システムのベンダーをはじめ幅広い業務パートナー企業とのアライアンスを構築しています。連結会計、システム構築それぞれの専門家を多数擁し、お客様システムの運用状況などを踏まえ、一貫した業務システムの実現を包括的に支援しています。

GEXSUS 時間イメージ GEXSUS 時間イメージ

DivaSystem GEXSUSの導入で実現したこと

月次相手先別明細の照合

毎月、グループ間取引明細が作成できるようになり(右図)、毎月相手先別残高の照合を実施。連結会社間で差異金額の内容確認を行い、四半期決算前に相手先別明細の差異金額解消作業を行っている。

月次連結財務諸表の作成

損益計算書とグループ間取引明細が集計できるようになり、簡易の月次連結損益計算書を作成し、経営陣へ報告している。

GEXSUS フローイメージ

次の段階へステップアップを図る

GEXSUS フローイメージ

連結決算作業の効率化の推進

固定資産未実現データの集計や、キャッシュフロー計算書作成用データの集計など、さらなる作業の効率化につなげていく。

連結経営管理情報の拡充

販売データなど会計以外のデータもDivaSystem GEXSUSに取り込み、業績管理資料の内容を充実させていくためのプラットフォームとして活用。また、このシステムを中核とした運用体制を定着させて、親会社・子会社関係者の情報活用の利便性を高めていく。

DivaSystem GEXSUSは、グループ各社の個別会計仕訳レベルにおけるデータ統合を実現し、幅広いデータを包括的に処理、管理できるデータウェアハウスとして機能します。 会計基準の統一やガバナンスの強化(監査の効率化)、データ連携の促進による決算早期化など、グループ経営の強化や決算業務の効率化を支える基盤となります。

お問い合わせはこちら
GEXSUS 時間イメージ