2011.02.02

第116回 (B) チャレンジ! 新たな地平へ【ソリューション】

第三事業本部 中・西日本事業部長 木村 浩之

最近、ランニングがブームになっていますね。
東京マラソンも30万人を超える応募者がいるとか(実際に走れるのは3万5千人)。今年は、私の地元でもある大阪、および神戸でも市民マラソンが開かれることになりましたので、是非参加しようと思います。もっとも、東京マラソンと同じく抽選になりそうなので、実際に走れるかはまだわかりませんが・・・。
元々、数年前からジョギングレベルで走っていました。当初の目的は、ダイエット&体力維持です。「このままじゃいかん!子供とプールに行ってもかっこ悪くて服が脱げん!」というのが理由です。それまで主に短距離しか走らないスポーツ(野球、テニス、サッカーは主にキーパー)をやっていたので、走り始めた当初は、「フルマラソンなんて絶対無理」と考えていたのですが続けているうちにそれなりの距離を走れる体になってきました。

実は今回のチャレンジをいつ決めたのかというと、2009年末くらいです。大阪マラソン/神戸マラソン開催の正式発表は最近ですが、開催の噂は当時からありました。ですので、私のマラソンへのチャレンジプロジェクトは丸2年、足かけ3年です。

今の状況はやっと20キロを超えるところまで走れるようになったところです。まだやっと半分ですが、今のところタイムも距離も伸びつつあるのでこの調子なら本番までには何とかなりそうな感じがしていて、あわよくば初マラソンでサブフォー(4時間以内)も!と淡い(甘い?)期待も抱いています。

今さらながらに思いました。「できないと思っていたことにチャレンジする!」ということは、この歳であっても、何らかの成長を実感できる機会であると。おかげで新たな地平線が見えるようになりました。

翻って、現在の我々ディーバはチャレンジしているのか?
答えはYESです。我々も、また新たな世界へ対応できるようチャレンジしています。自身の体質を変革し、次のステージへ向かうべく壁を乗り越えているところです。

現在、連結会計の分野についてはかなりの実績を積み、お客様の信頼をいただける企業になったと自負しています。この次は連結会計の先にある連結経営の分野です。グローバルなグループ連結経営の世界に足を踏み出そうとしています。我々にとっても、お客様にとっても新たな地平ではないでしょうか。

新しい世界に踏み出すための製品として、我々は「DivaSystem GEXSUS」、「DivaSystem MIPS」をご用意しています。これらは、今まで我々が提供していた製品と少し違い、お客様と我々で目的を作り出しながら、ソリューションとして提供させていただくものとなっています。
グループ内の各システムに散在する経営情報をつなぎ、高度な経営管理を実現する「DivaSystem GEXSUS」。
グループ経営のための意志決定をシステム面からサポートする「DivaSystem MIPS」。
当然、その中核にはIFRSに向かってさらに進化を遂げる「DivaSystem」。
これらを一体として、お客様にグローバルな連結経営環境を提供していくことが我々のチャレンジです。

リーマンショックから2年が過ぎ、少しは先が見えてきたような気がします。お客様にとっても大変な期間だったと思いますが、我々も雌伏の時を過ぎ、ようやく丘を越え、薄もやの中の地平線を見渡せそうなところにたどり着こうかとしています。

我々と連結経営の新たな地平を探し出しに行きませんか。
ご提案の機会をいただけますことをお待ちしております。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン

NEWS

ニュース

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ