2011.06.22

第125回 (A) うちの近所の”その他包括利益”が美味しいレストラン【経営・会計最前線】

中・西日本事業部長 IFRS推進委員 玉村 健

株式会社ディーバの中・西日本事業部長の任を受け、この4月から久しぶりに兵庫県に住んでいます。最近になって自宅の近くに、”その他包括利益”が美味しい、ちょっと変わったレストランを見つけました。その名も”Ristorante Financial Statements”

ちょっと気難しそうなオーナーシェフが切り盛りされているのですが、味は間違いありません。特に夜の定番コースの”連結コース”が人気です。
“連結コース”のメインは定番食材の”少数株主持分”を使ったメニューです。シェフによると”少数株主持分”はここ10年、コースの中で出てくる順番は何度か変わったものの、一度もメニューから外さなかったとのこと。しかし、実は私が最も気にいったのは、新たにメニューに加わった”その他包括利益”です。日によって仕入先が異なるようですが、私が行った日は”繰延ヘッジ損益”産が出されていました。それが、まさに絶品。今度は産地が”為替換算調整勘定”の日にも食べてみたいものです。

・・・というのは全くのウソ、そんな店うちの近くにはありません。虚偽記載失礼いたしました。
皆様ご存知の通り、”その他包括利益”や”少数株主持分”は食べることができません。それだけでなく、私は連結決算に関わる仕事を十数年やり、恐らく数千人の連結決算に関わる方にお会いしてきましたが、一人として”少数株主持分”を触ったことがある人はいらっしゃいませんでした。ですので、食べてお腹を壊す心配もありません。

そうなのです、連結財務諸表に散りばめられたこれら”少数株主持分”や”その他包括利益”などの科目はバーチャルなものであり、連結財務諸表とは自然界に存在するもが組み合わされたものではなく、我々人間の手で人工的に作られたものなのです。
人工的と書いてしまうと、何やら冷たい無機質のもののようにも感じますが、人工的なものには作り手の意思をこめることができます。ましてやIFRSは原則主義に基づいており、作り手(つまり経営者)の意思をこめることができる範囲が広がります。

IFRSの採用自体を疑う論調が未だにメディアをにぎわせている面はありますが、グローバリズムが加速的に進む現代において、そういった意見は我が国において現実的な選択肢とは考えられません。経営者の意図に従った事業の成果を連結財務諸表に表現し、制度開示的な意義だけでなく、時にはグループの経営管理にも活用することにエネルギーを注ぐべきでしょう。
また、人工的であるということは効率性を追求できるとも考えられます。(村上春樹氏のスピーチの影響で、”効率性の追求”は何か悪いことのようなイメージもありますが、)連結財務諸表とは何かモノの動きや人間の行動をそのまま記録するものでは無く、あくまでも人工的に作り上げられるため、リスクが低く同等の結果が得られるならば、より効率的な手段の方がより優れていると言えるでしょう。
IFRS時代の賢い迎え方、それはIFRSの適用において思いわずらうことなく、連結財務諸表やその他注記などの開示情報に経営者の意思を込め、効率的な手段をもって実現することなのではないでしょうか。なぜならば、連結財務諸表は何かを記録した結果の積上げでは無く、人工的に我々が作り出すものなのですから。

「あの栄華を極めたソロモンでさえ、この野に咲く一輪の花ほどにも着飾っていなかった。~中略~、だから、明日のことを思いわずらうな。」(マタイによる福音書 第6章)

最後に、地震のことを少し・・・。
東日本大震災から3ヵ月が経過いたしましたが、実は私も学生時代に阪神大震災を激震地で経験しています。
よく災害時に報道等で流される言葉に、「大自然を前に人間の力はなんと弱いのか」といったものがあります。しかし、私は震災を経験した際に全く逆のことを感じました。酷く辛い経験をしても乗り越えて普段の生活に戻る人々や、破壊されても驚きのスピードで復興する街を目の当たりにして、「なんと人間とは強いのか」という思いを深く心に刻みました。
十数年ぶりに生まれ育った街に戻り、復興という意思を持って築き上げられた人工の街を見て、改めてその思いが深まった次第です。
この度の震災におきましては、皆様のご家族やお勤め先、お取引先において被害にあわれた方々もいらっしゃるかと思います。心よりお見舞いを申し上げると共に、一刻も早い復興をお祈り申し上げます。
株式会社ディーバも皆様の決算や経営を支援する立場を通じて、日本の力強い復興を微力ながらも支えることができればと思います。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン

NEWS

ニュース

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ