2017.05.10

第277回 (B) 受験勉強と決算準備

CFOオフィス事業本部 アウトソーシング事業部 業務統括部
アカウンティングサービス 第2グループ長 梶巻 良仁

以前に、女優の有村架純さんを見たくて、テレビ放送されていた「映画 ビリギャル」を見ました。自分が大学受験の勉強に必死に向かい合っていた頃を懐かしく思うと同時に、今も受験勉強に近いことをしていると思いました。

「映画 ビリギャル」は、女優の有村架純さんが演じる学年ビリのギャルが一生懸命に勉強して、慶應大学に現役合格した実話を基に映画化したものです。この作品を見て、自分も大学に合格するために試行錯誤しながら勉強していた頃を思い出しました。

受験勉強の試行錯誤の中で、試験には確実に点を取る問題とチャレンジする問題があることを意識して勉強するようになりました。確実に点を取る問題を間違えないことで合格圏に近づき、さらにチャレンジする問題で加点を狙うことが大事なことと考えました。
そのため、まずは確実に点を取る問題については、教科書片手に基本問題で解法の基礎を固めて、練習問題を反復的に解きながらその解法を使いこなせるように練習していきました。ある程度解けるようになれば、時間を意識して解くことを心がけました。
次に、チャレンジする問題は、出会った瞬間に心が折れないようにすることから始めました。最初は全く解けなかったため、答えを見ながら「今は大丈夫…」と心でつぶやきつつ、内容を理解することに努めました。その中で単に複数の基本問題が絡み合っている問題もある程度あることに気づき、徐々にそのような問題から解けるようになっていきました。もちろん、限られた時間の中で解くため、捨てる(諦める)問題の見極めも大事にしていました。

このように勉強していく中で、試験に合格するための力を養っていきました。

自分が所属する部署は、お客様の連結決算作業を行う部署です。連結決算作業は限られた時間の中で、定型処理は正確かつ迅速に処理を行い、企業結合などの非定型処理はじっくり検討して答えを導き出す必要があります。これは確実に点を取る問題とチャレンジする問題がある試験に似ているように思います。ただ試験のように問題によって諦めることはできないため、周囲にいる公認会計士などのメンバーと協力しながら全ての問題の答えを導き出しています。
その中で、試験の受験勉強と同様に、連結決算作業においても事前準備がとても重要です。決算期間以外のときに行う次の決算に向けての準備の程度が、次の決算作業の生産性に影響を与えます。そのため、必要な会計知識などを勉強し、作業の段取りや、お客様が実施されていた定型処理の方法に対して、より正確、迅速に処理ができるようにDivaSystemの製品知識、ノウハウなどを活かして見直しを行っていきます。

年に4回ある本試験でしっかりと結果を出し、お客様のご期待に応えられるように今後も準備を大事にしていきたいと思います。

MAIL MAGAZINE

メールマガジン

NEWS

ニュース

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ