2010.11.17 プレスリリース

IFRS早期適用・試用を支援する「DivaSystem 9.5」を提供開始 ~IFRS対応のシステム基盤整備および制度改正に対応~

経営情報品質向上のためのソフトウェアと業務支援サービスを提供する株式会社ディーバ(本社:東京都大田区、社長:森川 徹治、以下ディーバ)は、IFRS(国際財務報告基準)への早期適用や試用に取り組む企業を支援する、連結会計システムDivaSystem(ディーバシステム)の最新版「DivaSystem 9.5」を11月18日(木)より提供を開始します。DivaSystem 9.5では、新たに複数会計基準での財務諸表作成機能などのIFRS対応のシステム基盤の整備および、包括利益計算書や過年度遡及をはじめとする制度改正への対応を行っています。

IFRS対応のシステム基盤整理

DivaSystem 9.5では、IFRSと日本基準、二つの連結財務諸表を一連の連結決算作業で作成することができるようになりました。また会計基準の差異が把握できる「GAAP調整過程レポート」を機能追加しました。DivaSystem 9.5のベータ版をIFRS早期適用に取り組むお客様との共同プロジェクトおよび、ディーバで現在取り組んでいるIFRS自主適用において使用したことにより、決算部門の業務課題が反映された機能を追加することが可能となりました。

「IFRS対応の基盤整理」に関する主な機能追加

  • 一つの決算処理単位で複数会計基準の帳簿を保持
  • 会計基準の差異が把握できる「GAAP調整過程レポート」
  • 複数会計基準での報告通貨修正仕訳入力とその換算機能

制度改正の対応

IFRSへのコンバージェンスの一環として2011年3月期から義務付けられる包括利益計算書に対応したほか、過年度遡及、グループ法人税制などに対応しています。

「制度改正の対応」に関する主な機能追加

  • 包括利益計算書(1 計算書方式、2 計算書方式)への対応
  • 「会計上の変更及び誤謬の修正に関する会計基準」に伴う過年度遡及対応
    ・ 過年度連結財務諸表の複製機能と修正仕訳登録
    ・ 遡及修正内容が把握できる「過年度遡及調整表」
  • 平成22年度税制改正「100%グループ内の法人間の譲渡取引の損益の繰り延べ」に伴う対応
    ・ 将来予定実効税率を適用した未実現仕訳に伴う税効果仕訳を自動作成

DivaSystem 9.5へは通常バージョンアップでの対応となり、既にDivaSystemをお使いのお客様に対しては、基本モジュールを通常保守費用内にて提供します。また既存の顧客約630社のうち、20社は既にDivaSystem 9.5へのバージョンアップを予定しています。新規顧客に対しては、今後1年間で50社への導入を目標としています。
2011年に提供する次期DivaSystemでは、IFRS強制適用に向け、日本基準での連結財務諸表作成と同等以上の精度・効率でIFRSに基づいた連結財務諸表の作成を行えるバージョンアップを行う予定です。

株式会社ディーバ(JASDAQ:3836)について [https://www.diva.co.jp/]

株式会社ディーバは1997年に設立されたソフトウェアメーカーです。「”意志”決定に役立つ会計システム」というコンセプトに基づき、連結経営やIR活動に対応する連結会計システム「DivaSystem」を開発・販売しています。経営効率を高める連結会計システムには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報の基幹システムとしてDivaSystemが選択されています。
ディーバは、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートします。
2007年2月、ヘラクレス(現JASDAQ)に上場。

DivaSystem(ディーバシステム)について

DivaSystemは、連結決算の効率化・高度化・早期化を実現する、大規模企業グループ向けの連結会計ソリューションシステムです。DivaSystemは経営の視点から生まれた連結決算のシステムで、”連結経営”システムへと発展を続けています。高速処理により連結財務諸表を短時間で作成することはもちろん、BI製品との連携によりオンラインでの詳細な経営情報分析を可能とします。ERPとの連携で経営情報として有効な予算データや 人員等の非会計情報も効率的に収集・管理することができます。
東証一部上場企業の時価総額トップ100社のうち50社がDivaSystemをご利用中です。(2010年9月末時点)
DivaSystemは、「誰もが経営情報を見て使える」という視点を持った製品を目指しています。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

広報代行:株式会社アクティオ 担当:福澤、垣本
E-Mail:diva-pr@actioinc.jp / TEL:03-5771-6426 / FAX:03-5771-6427

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ