2012.04.03 プレスリリース

ディーバと東洋ビジネスエンジニアリングが協業 ~連結原価管理による製造業向けグローバル損益管理ソリューションを提供~

株式会社ディーバ(東京都港区、代表取締役社長:森川徹治、以下ディーバ)と、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:石田壽典、以下 B-EN-G)は、グローバルに拠点を展開する日本の製造業のお客様向けに、連結原価管理に基づくグローバル損益管理ソリューションの分野で協業することを発表いたしました。

両社は、原価管理分野において国内外で秀でた実績を持つB-EN-Gの「MCFrame XA 原価管理」と、ディーバの連結経営管理エンジン「DivaSystem SMD」を組み合わせることにより、グループ視点での損益管理ソリューションを提供します。

海外に複数の拠点を持つ企業では、グローバル化によるシステム分散の影響により、損益情報のタイムリーな可視化と対策実施が難しくなっています。ディーバとB-EN-Gの協業により生み出される損益管理ソリューションでは、連結ベースでの実際原価を反映した『真の』損益情報が多様な切り口(事業別、市場別、生産地別、製品別など)で把握できるとともに、内外要因により変動する原材料、為替、生産量などの要因が業績に及ぼす影響を精緻に予測できるため、的確な意思決定と付加価値の増大が可能となります。

ディーバとB-EN-Gは、両社製品の連携性をさらに深めることにより、様々な業態の製造業様に対する製品の適応性と導入容易性を高め、より短期間・低コストで高度なグローバル収益管理の実現をご支援して参ります。初年度の販売目標は、製造業のお客様を中心に10社としています。
また、両社は、単一製品の共同開発・ワンストップでのサービス提供を視野に入れ、グローバル損益管理分野での継続的な協業を推進して参ります。

DivaSystemについて

DivaSystemは、決算早期化、グループ経営管理の強化、効率的なIFRS対応を実現する、連結会計ソリューションシステムです。高速処理により連結財務諸表を短時間で作成することはもちろん、製品別連結などの戦略的意思決定単位での連結会計の実現や、販売、在庫情報などの非財務情報の収集による詳細な経営情報分析を可能とします。 東証一部上場企業の時価総額トップ100社のうちの51社を含め、企業規模を問わない幅広いお客様にご利用されています。(2011年12月末時点)

MCFrameについて

「MCFrame」は、日本の製造業のお客様に求められるきめ細かな管理に対応し、各種機能を備える生産管理、販売管理、原価管理システムです。
「MCFrame」の特徴は、豊富な標準機能と、コアコンピタンスにつながる各社固有の業務プロセスに、柔軟かつ効率的に追従できるフレームワーク構造です。「MCFrame」の大きな特長であるこのような高機能と柔軟性・拡張性を高く評価いただき、製造業を中心に現在、2012年2月末現在で300社を超えるお客様にご採用いただいています。多言語対応しており、ここ数年は、中国、タイを始めとするアジア各国に進出する日系企業様向けのグローバルなシステムの構築にもご採用いただいております。
製品の詳細な仕様については、http://www.mcframe.com をご覧ください。

株式会社ディーバ(JASDAQ:3836)について [https://www.diva.co.jp]

株式会社ディーバは1997年に設立された、連結会計ソフトウェア分野における国内のリーディングカンパニーです。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービス・販売・サポートサービスを提供しています。経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内650社を超える企業に選択されています。
ディーバは、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートします。
2007年2月、ヘラクレス(現JASDAQ)に上場。

東洋ビジネスエンジニアリングについて [http://www.to-be.co.jp/]

東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)はIT企画、BPR実施のビジネスコンサルティング、IT導入コンサルティングから、システム構築サービス、運用サービスにわたり、ERPを中心に豊富な実績を有するビジネスエンジニアリング企業です。またERPをベースとしたSCM、CRM導入支援ならびに中国を初めとしたグローバル展開支援での実績を積み重ねています。

お客様からのお問い合わせ先

■株式会社ディーバ 第三事業本部 ビジネスソリューション部
電話:03-5782-8650

■東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 プロダクト事業本部 営業本部
電話:03-3510-1616 / E-mail: mcframe@it.to-be.co.jp

報道関係者様からのお問い合わせ先

■株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

■東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 業務管理本部 広報IR担当 猪野 肇
電話:03-3510-1615 / E-mail:kouhou@it.to-be.co.jp

※MCFrameは、東洋ビジネスエンジニアリング株式会社の登録商標です。
※本文中の商品名または会社名は、各社の商標または登録商標(または製品)です。 

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ