2013.11.29 プレスリリース

IFRS先行適用企業のニーズを反映した連結会計システム最新版「DivaSystem 9.9」を提供開始

グループ経営管理高度化のためのソフトウェアと業務支援サービスを提供する株式会社ディーバ(東京都港区、代表取締役社長:森川 徹治、以下ディーバ)は、連結会計システムDivaSystem(ディーバシステム)の最新版「DivaSystem 9.9」を本日11月29日(金)より提供開始します。最新版では、内部取引照合機能やデータ収集・分析機能の強化を行うことで、IFRS導入時に必要とされる決算業務の早期化・効率化を支援します。

昨今のIFRS適用基準の緩和や日本版IFRS(エンドースメントされたIFRS)の検討開始に伴い、IFRSの先行適用企業や、改めてIFRSの導入を検討する企業が増加しています。実際にディーバの提供する連結会計システムDivaSystem利用企業の内、IFRS導入プロジェクトを進めている企業は29社にのぼります(11月29日現在:任意適用済み企業も含む)。ディーバでは、これらのIFRS先行適用企業からの「業務負荷が増大するIFRS導入時には、決算業務の早期化・効率化が必須である」というニーズを反映し、DivaSystemの機能拡充を行いました。 

「DivaSystem 9.9」では、決算業務の早期化・効率化を推進するうえで欠かせない、内部取引照合機能、データ収集機能、データ分析機能の強化を行っています。特に内部取引照合モジュールの新版「DivaSystem NRN 3.0」の提供により、連結決算で必要な単位より細かい「取引単位」での照合機能による差異分析の効率化や、グループ会社間での照合連携機能の強化により、照合業務の負荷分散を実現します。

「DivaSystem 9.9」の主な追加機能

■内部取引照合機能の強化(DivaSystem NRN 3.0)

  • 取引単位での照合機能の追加:連結決算で必要な勘定科目の単位より細かい、インボイス、取引明細といった、取引単位での照合機能を追加
  • メール督促機能の追加:未照合をグループ会社に督促するための、グループ会社担当者へのメール督促機能を追加

  • ■データ収集機能の強化

  • セルコメント機能の追加:グループ会社からの報告データについて、セル単位でのコメント入力機能を追加

  • ■データ分析機能の強化

  • データ発生元トレース機能の強化:セグメント情報から仕訳へのトレース、内部取引時の発生元情報のトレース、開始仕訳の分析といった、決算業務内で必要なデータ発生元をトレースする機能を強化
  • レポートテンプレートの充実:サポートサイトを通してダウンロードが可能な、分析レポートテンプレートを充実

  • ■その他

  • サブ連結機能の強化:サブ連結を行う際に必要な、サブ連結データと親会社データの連携機能を強化


「DivaSystem 9.9」は、通常バージョンアップでの対応となり、既にDivaSystemをご利用のお客様に対しては、基本モジューを通常保守費用内にて提供します。
新規のお客様に対しては、今後1年間で30社への導入を目標としています。
ディーバは今後も、お客様のグループ経営管理、連結会計ニーズを吸収した製品及び、サービス提供を行なってまいります。

DivaSystem(ディーバシステム)について

DivaSystemは、連結決算の効率化・早期化・高度化を実現する、企業グループ向けの連結会計ソリューションシステムです。DivaSystemは経営の視点から生まれた連結決算のシステムで、”連結経営”システムへと発展を続けています。高速処理により連結財務諸表を短時間で作成することはもちろん、充実した管理会計機能により、オンラインでの詳細な経営情報分析を可能とします。ERPとの連携で経営情報として有効な予算データや人員などの非会計情報も効率的に収集・管理することができます。
東証一部上場企業の時価総額トップ50社のうち25社がDivaSystemをご利用中です。(2013年9月末時点) 
DivaSystemは、「誰もが経営情報を見て使える」という視点を持った製品を目指しています。

株式会社ディーバについて

株式会社ディーバは1997年より連結会計分野に特化した事業を開始。連結会計ソフトウェア分野における国内のリーディングカンパニーです。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービス・販売・サポートサービスを提供しています。経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内800社超の企業に選択されています。
ディーバは、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートします。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

株式会社ディーバ 広報代行:株式会社アクティオ 担当:福澤
Email:diva-pr@actioinc.jp
TEL:03-5771-6426 FAX:03-5771-6427

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ