2019.12.13 プレスリリース

ディーバ、会計学を学ぶ学生による研究発表大会のアカウンティングコンペティション第4回(2019)を後援

連結決算の自動化・グローバル経営管理を推進する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川 徹治、以下 ディーバ。アバントグループ)は、2019年12月にアカウンティングコンペティション第4回準備委員会(委員長 日本大学商学部 教授 川野克典)が主催する、アカウンティングコンペティション第4回(2019)を後援することをお知らせいたします。

【後援の背景】

日本大学商学部教授の川野克典氏が中心となって開催されているアカウンティングコンペティション(略称 アカコン)ですが、2016年に創設され、今年で4年目を迎えました。アカコンでは大学において会計分野を学ぶ学生が個人もしくはグループで研究内容を発表する大会です。第4回目の今年度は18大学、21学部、26ゼミナール、63チームの報告が行われる予定です。

ディーバではソフトウェアおよびソリューションを通じてグループ経営の分野で企業をご支援するとともに、学業の分野でも会計の活性化を後押ししたく、アカコンを後援する運びとなりました。また、弊社取締役である公認会計士の岩佐泰次も、審査員として参加する予定です。本大会を通じて、日本における会計学の活性化の一助となれば幸いです。

【アカウンティングコンペティション第4回(2019)実施概要】

開催日時:2019年12月15日(日) 8:45~19:00頃
開催場所:日本大学商学部  〒157-8570 東京都世田谷区砧5-2-1  TEL 03-3749-6711
主催者 :アカウンティングコンペティション第4回準備委員会(委員長 日本大学商学部 教授 川野克典)
大会ホームページ:http://accocom.com/

<お問い合わせ先>
株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

【株式会社ディーバに関して】

ディーバは1997年に、連結会計ソフトウェア分野における専門ベンダーとして設立しました。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービスを提供しています。
経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内外を問わず1,000を超える企業群に選択されています。
今後も、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートし続けます。
なお、2013年10月に株式会社ディーバから株式会社アバントに商号変更し、持株会社制へ移行。新たに株式会社ディーバを設立し、ソフトウェア事業を承継しました。2018年3月に東証一部に上場した株式会社アバントの100%子会社です。

社名   :株式会社ディーバ
設立   :2013年10月1日
代表者  :代表取締役社長 森川 徹治
URL   :https://www.diva.co.jp/
主要業務 :ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・コンサルティングサービス・サポートサービス など
本社所在地:東京都港区港南2丁目15番2号 品川インターシティB棟13階

【アバントグループに関して】

アバントグループは「経営情報を未来の地図に変えていく」をミッションとして掲げ、経営情報の「見える化」「使える化」「任せる化」の3本柱で、CIFO(CFOとCIOの業務)を支援するプロダクト及びサービスを提供する企業グループです。アバントをホールディングカンパニーとして、連結会計のディーバ、ビジネスインテリジェンスのジール、アウトソーシングのフィエルテを中心に、グループ6社で専門性の高いソリューションを提供しています。

<アバントグループ>
○株式会社アバント
○株式会社ディーバ
○株式会社ジール
○株式会社インターネットディスクロージャー
○株式会社フィエルテ
○DIVA CORPORATION OF AMERICA

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ