2020.10.28 プレスリリース

Mitsubishi Estate London Limitedの導入事例を公開しました~事業拡大により複雑化したサブ連結決算業務を「DivaSystem LCA」で効率化~

Mitsubishi Estate London Limited(以下MEL)における、連結会計システムDivaSystem LCAの導入事例を公開しました。

1986年の設立以来、三菱地所株式会社の連結子会社としてロンドンを中心とした不動産事業を展開するMEL。近年はイギリス国内だけではなくヨーロッパ大陸での各種開発・投資案件を手掛けるなど、事業エリア・アセットタイプの両面で事業を拡大されています。

この度、事業の成長に伴い、複雑化したサブ連結決算業務の問題を解決すべく、グループ本社ですでにご活用いただいていたDivaSystem LCAを、海外統括拠点であるMELでも導入いただきました。

検討の背景

・事業の拡大によるサブ連結決算業務の複雑化
事業の拡大により、サブ連結決算において通貨が異なる会社やファンド事業の数字を取り込む必要があった

・Excelでの連結決算業務の限界
長年の活用によりExcelの仕訳が複雑化し、本社で読み解くのも難しいレベルに陥っていた

・限られた人員での対応の限界
経理スキルのないスタッフも含め、限られた数のスタッフで決算業務を行わなければならなかった

DivaSystem LCA 導入効果

・サブ連結決算業務における漏れやミスの解消
外国為替に関する仕訳の際に、開始仕訳も含めて自動処理できるようになり、ミスや換算の誤りが非常に少なくなった

・サブ連結決算業務における作業の効率化
フローに沿って入力を進められる操作性の良さで、スムーズな仕訳入力への道筋がついた

事例の詳細はこちらよりご確認ください。

<お問い合わせ先>
株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ