2021.05.26 プレスリリース

ディーバの連結会計システム「DivaSystem LCA」が 6年連続で国内連結会計市場1位を獲得(ITRの市場調査レポートによる)

アバントグループで連結会計、グループ・ガバナンスのソリューションを提供する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川 徹治、以下 ディーバ)は、コンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(以下ITR)が2021年4月に発行した市場調査レポート「ITR Market View:予算・経費・プロジェクト管理市場2021」にて、ディーバが提供する連結会計システム「DivaSystem LCA」が、国内連結会計市場において、2019年度実績および2020年度予測の売上金額ベースで1位を獲得したことを発表いたします。

ITRによる国内連結会計市場動向について

ITRの同調査レポートによると、ディーバが提供する連結会計システム「DivaSystem LCA」が、国内連結会計市場において、2019年度実績および2020年度予測の売上金額ベースで 1 位を獲得したほか、保守を含む連結会計市場において、多くの既存ユーザーを持ち、保守売上の比率が高いディーバが4割近い高いシェアを維持していると記載いただいております。

ディーバおよび「DivaSystem LCA」について

ディーバは、「連結会計」を中心として「グループ管理会計」、事業ポートフォリオや事業再編といった攻めのガバナンスのための「企業価値分析」、本社からはリスクが見えにくい「海外拠点ガバナンス」、今後益々重要になってくるESG情報等の「非財務情報マネジメント」というような、グループ・ガバナンスを強化する5つの領域で製品・サービスを展開しております。

連結会計システム「DivaSystem LCA」は、大規模企業から中堅中小企業・IPO準備中の企業まで、幅広くお使いいただける機能・サービス・価格でご提供しています。

・連結会計業務のスタンダード
 -データ収集から連結処理、レポーティング、決算開示まで連結決算業務の一連の業務をカバー
 -標準的な業務プロセスをテンプレート、レポート、タスク管理として始めから用意しているので
    連結決算が初めての方でも安心
 -中小規模から大規模まで、ノンカスタマイズでも導入可能な豊富な標準機能

・連結会計をグループ経営の基盤へ
 -海外サブ連結や、海外拠点・子会社の会計明細データの見える化にも対応
 -連結会計と管理会計をひとつのシステムで実現
 -連結会計データを活用するサービス(企業価値経営ダッシュボード「DIVA Compass」)とも連携

・クラウドでつながるサービス
 -クラウド経由でグループ会社や監査法人ともつながるので、
  「リモート決算」「リモート監査」が効率的に
 -システム運用や法令改正収集フォーマットのメンテナンスもお任せ
 -お客様の利用状況を見ながら活用方法をサポート

「DivaSystem LCA」製品概要
https://www.diva.co.jp/product/lca/

ディーバでは、今後も連結会計とグループ・ガバナンス強化につながるソフトウェア/サービスを提供して参ります。

<上記に関するお問い合わせ先>
株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ