セミナー・イベント情報

お問い合わせ・資料請求

【東京】9/21(水) グローバル資金管理のベストプラクティス トレジャリーを巡るトレンドと最新ソリューションご紹介

東京無料セミナー経理部向け財務部向け

経済がグローバル化する中で、企業の財務担当者に求められる役割は大きく広がりを見せています。グローバルスケールで経営環境を分析する「財務」部門の皆様にとって、今や資金管理は国内グループ企業やその周辺の銀行におけるキャッシュの把握のみに留まりません。世界各地に点在するグループ会社が各地に持つ資金の把握、融通・最適化、リスク管理、ガバナンス強化、、、考えなければならないことは山積みです。

本セミナーでは、40年以上もの間国際的な金融取引・資金管理を支援し続けているスイフト・ジャパン様をお招きし、グローバル資金管理の歴史的変遷をご紹介の上、企業が資金管理を導入するメリットを改めて整理致します。日本本社の財務部門が今求められている役割とは何なのか、それらを支援する昨今のトレンドを交えながら皆様と一緒に考察します。

 

diva_banner_900-100

 

 

開催概要

 

日程 2016年9月21日 (水) 15:00~16:45(受付開始 14:30~) 
会場 株式会社ディーバ 本社 
〒108-6113 東京都港区港南2-15-2 品川インターシティ B棟 13階 [MAP]
JR品川駅 港南口より徒歩4分
対象 経理部、財務部門の責任者・主担当の皆様
参加料 無料(事前の登録が必要です)
定員 30名
主催 株式会社ディーバ
共催 スイフト・ジャパン株式会社

 

 

プログラム

 

第一部

高度化するグローバル資金管理
–日本本社を巡る環境とSWIFTを導入するメリットとは?

スイフト・ジャパン株式会社 コーポレート・セールス
コマーシャル・ディレクター 犬塚 沙絵子様

近年、日本でも 「グローバル資金管理」「キャッシュマネジメント」 という単語が目に入る機会が多くなりました。
資金管理はもはや、”本社と、付き合いのある銀行” の間でのみ起きている決済管理業務では無く、グローバルレベルでの手数料削減・事務効率化、資金融通、リスク管理等を通して、本社が資金を科学的に運用することに他なリません。しかしグローバルキャッシュマネジメントに本当の意味で取り組んでいる本邦企業は非常に少なく、海外と比較した場合、その進みの差はあまりに顕著です。本講演では、日本企業を取り巻くグローバル資金管理の変遷をご紹介の上、導入のメリット/デメリットを改めて整理・共有致します。その上で、日本本社に求められる役割について皆様と一緒に考察します。

第二部

グローバルキャッシュマネジメントシステムで更なる経営貢献へ

株式会社ディーバ CFOオフィス事業本部
アウトソーシング事業部 営業部 木内 佳史

近年、海外での取引・買収などの増加に伴い、様々な分野においてグローバルな規模での管理が求められるようになってきています。経理財務部門においても、国内・海外を問わずグループ全体での資金管理が注目を集めています。また、このようなニーズに合わせ、グローバル規模での資金管理を行うシステムも多く登場してきています。弊社でも、欧米を中心に世界150か国、300社(15,000グループ企業、25,000名)を越える実績を持つBELLIN社と提携を行い、充実した機能のシステムを日本語版で、また、日本でのサポートを含めて、提供を始めました。 本パートでは、海外子会社も含めたグローバルグループ全体での資金管理における日本企業各社の状況・課題と、弊社がこの度新しく提供を始めたグローバルキャッシュマネジメントシステムを利用した解決方法をご説明致します。

質疑応答 ご質問、ご相談にお応えします。是非、この機会にお気軽にご相談ください。

 

 

講師

犬塚沙絵子(いぬづかさえこ)
スイフト・ジャパン株式会社
コーポレート・セールス、コマーシャル・ディレクター

米系金融機関においてキャッシュ・マネジメント業務に従事、事業法人・金融機関向けカスタマーサービス、国内外の資金決済にかかるプロダクト・マネジメントを経て2015年6月より現職。グローバルに事業展開を行う国内の事業法人によるトレジャリー・マネジメントや送金業務の効率化等を金融メッセージングサービスの観点から支援。

 

9月21日 (水) 15:00~16:45(受付開始 14:30~)

グローバル資金管理のベストプラクティス トレジャリーを巡るトレンドと最新ソリューションご紹介

お申し込み受付けは終了いたしました。

※参加対象外の方からのお申込みは勝手ながらお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。