メールマガジン

お問い合わせ・資料請求

2017年11月01日

株式会社ディーバ

第289回 (B) 前向きな日曜日の夜にするために! 

プロダクトソリューション事業本部 連結会計事業部
連結会計コンサルティング2部 第2グループ長 巴 祐輔

皆さんは日曜日の夜をどのような気分で過ごされていますでしょうか。月曜日から再開する仕事に対しての喜びで夜も眠れない状態でしょうか。常にそのように思って過ごせれば良いのですが、おそらく全く逆の感情を抱いてしまう日もあるのではないでしょうか。少し懐かしい言葉を使わせて頂くならば「サザエさん症候群」というものです。私も人間ですのでご多分に漏れずこの面倒な症候群と戦う日が度々ありました。今回はこの症候群を克服するための私なりの対処方法について記載します。

ご存知の方も多いと思いますが、「サザエさん症候群」とは「日曜日の夕方から深夜、『翌日からまた通学・仕事をしなければならない』という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称である。」とのことで、サザエさんが日曜日の終わりの代名詞となっていることからそう呼ばれているそうです。(Wikipedia調べ)

ただ、この病を患ったとしても月曜日になんとか自宅を出発しオフィスに辿り着き、仕事を始めてみると意外とすんなり業務を開始することができることが多いのではないでしょうか。つまり、前向きに自宅を出発する準備が日曜日の夜にできれば解決する問題なのではないでしょうか。

では、私が「サザエさん症候群」を解消するために何をしているのか?なのですが、
以下2点を実践しています。

① 普段履いているビジネスシューズ・バッグを磨く。
② 一週間分のシャツ(必要であればスーツにも)にしっかりアイロンをかける。

これだけ?何言ってるの?という言葉がたくさん聞こえてきそうですが、私が実践しているのはこの2点です。この2点を実践することで私は「サザエさん症候群」を解消することができています。私がビジネスグッズが好きということもあるのですが、普段酷使しているビジネスグッズを綺麗な状態にすることにより、それらを身に着けて外に出たいという気持ちが生まれてきます。結果、前向きな気持ちで月曜日の朝を迎えることができるようになりました。

今回のことから私が感じていることは、課題の本質を見抜くことにより、小さい工夫で解消できる課題は非常に多いのではないかということです。普段私は連結会計導入コンサルティングを生業としてお客様を訪問しています。その際には当然お客様から業務の課題に対する解決案を求められるのですが、課題を深堀すると課題の原因はシンプルで、意外に小さい工夫で解消できる場合が少なくありません。もし現在抱えている課題がある場合はお気軽に弊社担当者までご相談ください。全てを小さい工夫でとまでは言えませんが、弊社コンサルタントから最適な解決策をご提案させて頂きます。