メールマガジン

お問い合わせ・資料請求

2017年11月29日

株式会社ディーバ

第291回 (A) あなたは住む街をどう選びますか?
~意思決定のメカニズム~

連結会計事業部 プロダクト開発統括部 プロダクト開発部
第1グループ長 奈良 早理

あなたが今住んでいる街はどのように決めましたか?
多くの場合は、既婚や子供がいて家族を優先して決めたり、もしくはオシャレや都心等好みで決めたり、家賃や敷金・礼金が安い等経済的な部分で決めたり、駅近や生活に便利等、実用性で決めたり、これらのバランスで決めたり等があると思います。

私事になりますが、私が住んでいる街は生活に便利で、街が新しく、雰囲気も良く気に入っていますが、人口が多いため、
・子供と公園で遊ぶ時に遊具を使うのに並ぶ。
・子供の予防接種等の病院予約がWeb受付開始後すぐに終了するので、数週間に渡って毎朝受付開始時間ちょうどに予約を取るためのチャレンジをしている。
・レストランに食事に行くと30分以上待つことが多々ある。
・ワイシャツのクリーニングを出すのに30分並ぶこともある。
等があります。

こういった経験をしている中で、なぜこれだけ多くの人がこの街に住もうと考えるのか?と、ふと疑問に思うことがあり、そもそも人はどのように意思決定しているのかという点について興味を持ちました。

そこで出会った書籍が以下です。
『ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?』
ダニエル・カーネマン (著)

著者の方は、ノーベル経済学賞を受賞しており、本の帯で紹介されている「東大でいちばん読まれた本」という言葉に惹かれて読みましたが、人間の感覚的な部分と論理的に考える部分がどう相互に働き意思決定をしていくのか、どういった状況の時に人間は誤った意思決定をするのかが事例と共に説明されており、大変面白く、またプライベートや仕事にも活用できる内容でした。

さて、現在私はプロダクト開発部に所属しており、「お客様における連結業務の効率化を徹底的に追求する」、「効率化するノウハウをプロダクトとして形にする」というミッションのもと、DivaSystemの製品開発に携わっています。

上記、ミッションを実現する上でも多くの意思決定を行っていますが、今回は製品開発を進める上での意思決定について触れたいと思います。私が意思決定する上で基準とする軸で大切にしているのは「お客様価値の最大化」となります。この「お客様価値の最大化」を考える上で以下の2つの視点があると考えています。

(1)お客様が抱える問題の深い理解・本質の理解
(2)問題を解消するための解決策の知見

私たちはこの2点を重視して製品開発を行っており、私の所属する第1グループでは、お客様の解決策を様々な手段で持てるように新しい技術の研究も行っており、現在はWebアプリに注力して開発を行っております。

2017年8月9日にリリースされたDivaSystem10.1では、連結業務全体を見える化をテーマに取り組み、この中にWebアプリの要素が組み込まれております。ぜひ新しいDivaSystem10.1をご利用いただけると幸いです。