メールマガジン

お問い合わせ・資料請求

2018年01月24日

株式会社ディーバ

第295回 「AVANT LIVE」で板挟み

カスタマーエンゲージメント本部 オペレーション企画室
オペレーション企画グループ長 田中 智之

私は昨年夏、20周年イベントの事務局に指名されました。

従来のDIVA LIVEから位置づけが拡大されること、イベント名称が決まっていないこと、最初の仕事はイベント名を決めることを伝えられた私は、イベント名を考えます。

 

(これまで)

主催はディーバ、お呼びするのはディーバのお客様

(今回)

主催はグループ各社、お呼びするのは各社のお客様に限らずイベントに興味を持った方

 

「これまでとの一番の違いは、おもてなしする側も、イベントにお越しいただく方々も1対1ではなくm対nになるという点なので、前者をライブに例えるなら、後者はフェスでいいのでは?」

 

と考え、「AVANT FES」を腹案としました。

数日後、別件で社長の森川、担当役員の寺島との打合せがあり、

 

(森川)そう言えば、イベント名どうするの?

(私)「AVANT FES」とかどうですか?

(森川)いいねえ。いいんじゃない?

(寺島)面白いけど、もう一捻りいけるんじゃないですか?

(森川)最終的には事務局に任せるよ。

 

ということで、悪くない感触を得ました。その後、事務局内の打合せで腹案を披露したところ、

 

(西原)え、、AVANT LIVEじゃないですか??

(川俣)なんですか、FESって??どうしてAVANT LIVEじゃダメなんですか?

(西原)ディーバのお客様からしたら、「DIVA LIVE」→「AVANT FES」って、

ぜんぜんつながらないですよ。

 

となり真逆のリアクション。はからずも、板挟み状態になってしまいます。

どうしたものかと思い悩んでいると、翌週くらいに他部署の役員達から、

 

(竹村)AVANT FESの事務局になったんやろ。 頑張ってな!

(岩佐)AVANT FESの準備、いつ頃から始めるんでしたっけ?

(山崎)FESってさ、FESTIVALでしょ。 お祭りじゃん。

 

と声をかけられました。「AVANT FES」が社内に拡散し始めています。板挟みに拍車がかかります。

小心者の私は、早く決めないと身が持たないと感じ、事務局内で改めて名称案を考えます。

 

「LIVE」にちなんだ音楽関連の単語を羅列した上で、最終的には事務局一押しの「AVANT LIVE」、腹案の「AVANT FES」、腹案を一捻りした「AVANT FEST」の3案に絞り、森川との別件の打合せの最後に切り出しました。

(私)イベント名称を3案まで絞ったのですが決めきれず、、

社長、決めていただけませんか?

それぞれの案の背景はかくかくしかじかでして。。。

私はAVANT FESが良いと思うのですが、事務局内ではAVANT LIVE推しです。

(寺島)私はAVANT FESTが面白いと思いますけどね。

(森川)…じゃあ、AVANT LIVEにしよう。

 

事務局内の議論を経て、私も「AVANT LIVE」が良いなと思い始めていたのですが、自分で出した案を自分で引っ込めることに躊躇してしまい、最後は鶴の一声に頼ってしまいました。弊社の社風のおかげで、思い付きを口にする勇気は身についてきたのですが、今年は前向きな朝令暮改を恐れない勇気を身に付けようと思います。

 

そして最後に、勇気を出して告知します!

「AVANT LIVE 2018」は以下のサイトから参加申込を受け付けています!!

https://avantlive.jp/