メールマガジン

お問い合わせ・資料請求

2018年07月18日

株式会社ディーバ

第307回 (B) 海の魅力に取りつかれ

連結会計事業部 アプリケーション開発統括部
ソリューション開発部 部長 一瀬 督雄

皆さんは、社会人になってから挑戦したことで、やってみて本当に良かったと思えるようなことはありますでしょうか?私にはいくつかあるのですが、そのうちの一つであるスキューバダイビングについてご紹介します。

 

社会人になって3年目ぐらいの時に、バリ島で体験ダイビングをしてから、感動のあまり、日本に帰るなりすぐにライセンスを取りに行きました。その後も、深みにハマりにハマって、プロになれる手前まで、勢いだけでライセンスをいくつか取りました。一時期は、毎週のように伊豆に潜りに行き、夏には2週間ごとに沖縄に行ったりしていましたが、なぜこんなにもハマったかと言うと、やはり別世界へ行けることがとても大きな魅力だからです。

全く何も聞こえない青い静寂の世界、海底を見下ろしながら海流に身を任せ、まるで空を飛んでいるかのような浮遊感、泳いでいる魚だけじゃなくて、岩の隙間、海底の砂の中など、あらゆるところに溢れている生命、陸上では決して味わえない独特の世界観に、11時間弱と短いですが、浸ることができます。

また、ダイビングを始めて自分の中で大きく変わったことがあります。

 一人で、伊豆や沖縄に何度も潜りに行っているうちに、性格も外交的で積極的になったような気がしています。ダイビングをするには、ダイビングショップにファンダイブの申し込みをし、同じように申し込みをしてきた方とダイビングショップのインストラクターと一緒に潜るのが一般的な楽しみ方なのですが、自分と同じように一人で来ている方も多いため、こちらから声を掛けて、一緒にご飯を食べたり、空き時間に一緒に行動したりすることもあり、元々ダイビングをしている方には、そういう一期一会を大事にしている方が多いこともあって、それらを繰り返しているうちに性格も変わって来たのだと思います。私は性格が変わったおかげで社会人生活やプライベートにおいても、良い効果をもたらしてくれたと実感しています。

このように非日常感を味わえたり、性格までもが変わってしまったりと、ダイビングを始めたことで、非常に充実した生活を送れるようになったと思っていますし、今までとは別世界に飛び込むことで、知見も大きく広がったと思います。ただ、残念なことに、ここ何年間も潜れていないのですが、自分を変えたい、変わりたいと思っている方は、是非一度は体験して欲しいと思います。レアな海洋生物が簡単に見られる水族館のありがたみにも気付けます!

 

私は、常日頃から、開発に必要なのは、発想力や閃きだと思っています。持論に「アイデアは現場では生まれない」と言うのがあり、仕事のことで悩んでいても、良いアイデアが出るのは、歩いている時や入浴中など、業務から離れている時が多いです。

それこそ頭の上で、豆電球が発光するかの如く、点と点が繋がってもの凄い勢いでアイデアが出ることがあります。このような体験ができるのは、ストレスなくリラックスできている状態で、業務に全く関係無いような色々な経験や知識が影響し合っているからだと思います。ソフトウェア開発のような知的産業において、仕事だけをしていても、決して良い成果が出るとは思っていません。

働き方改革が叫ばれる中、生産性をいかに上げられるのか、より一層のアイデアが求められる時代になると思います。良いアイデアを出すためにも、ストレスをためず、充実した生活を送ること、プライベートでの知見を業務でも有効活用することが重要だと考えます。

 

私の所属するソリューション開発部は、製品開発や製品保守のほかに、標準製品では満たせないお客様のご要望に、さらに一歩踏み込んだアドオン開発も担っております。閃きとアイデアを振り絞って、DivaSystem を通じてお客様業務のより深いところに潜り込めるよう開発者として、皆様の改革に少しでも貢献したいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。