メールマガジン

お問い合わせ・資料請求

2019年07月17日

株式会社ディーバ

第331回 (B) アベンジャーズ完結!から想う事

事業統括本部 西日本事業部 コンサルティングサービス部
第1グループ 那須 信幸

唐突ですが、皆様は趣味をお持ちでしょうか?
スポーツやゲーム、旅行など様々な趣味をお持ちの方も多いと思います。日々の多忙な業務のストレスや疲れを癒す、リフレッシュする為に好きな事に没頭する時間は非常に大切ですよね。

私は映画観賞を趣味としています。鑑賞するジャンルはSFからヒューマンドラマ、はたまたホラーまで様々なジャンルを好き嫌いせず、週一回は映画館に足を運び大画面と迫力ある音響で楽しむ事で頭をリフレッシュさせています。

その中でもやはり、大作と呼ばれるシリーズは欠かさず映画館で鑑賞しています。最近ではアベンジャーズシリーズの完結編『アベンジャーズ エンドゲーム』が公開され、10年近く続いたシリーズが大団円を迎えた事が非常に印象に残っています。

アベンジャーズをご存知ない方に少しご説明させて頂くと、アベンジャーズとはDCコミックスと並びアメリカンコミックの2大出版社といわれるマーベルコミックの様々な原作を基に作られた映画の世界観、ストーリーを更に大きな一つのストーリーとして再構築したマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)と呼ばれる世界観の基に作成された一大シリーズとなります(一つ一つのシリーズも非常に大きな作品群なのですが、それを説明するととても文字数が足りませんので、割愛します・・・)。

主なキャラクターはアイアンマンやキャプテンアメリカ、超人ハルクなど普段映画を見ない方も一度は聞いた事があるようなキャラクターが登場します。その他にも様々なキャラクターが登場し縦横無尽な活躍を見せる事がこのアベンジャーズシリーズの大きな特徴であり魅力でもあります。

余談ですが、コミックでは全く人気のなかったキャラクターも少なくなく、それを再利用する事で大きな成功を収めたガーディアンズ・オブ・ギャラクシーなんて作品も中には存在します。
(余談の余談ですが、私の一番お気に入りの作品です。ぜひご覧になって下さい!)

前置きが長くなってしまいましたが、私がアベンジャーズシリーズを観て一番感動する事はそれぞれの作品の持つ魅力を損なう事なく、一つの大きな作品として再構築し更に発展している事です。

それぞれの流れを損なう事なく相互に影響しあい、より良い作品として発展していく。これは大きなコンセプトが存在し、そのコンセプトや目的をそれぞれの作品のプロジェクトが共有している事が大前提となっているのではないかなと考えています。

我々ディーバも様々なプロジェクトの元で活動しております。その中にはより大きなプロジェクト(プログラム)、お客様の全社的な活動(ポートフィリオ)との関連性を持つものが少なくありません。

一つのプロジェクトの活動に終わらず、お客様を含めた大きな目的、コンセプトを共有しお客様のより大きな目的、目標に貢献できるよう日々努力を重ねていきたいと思っております。これからも様々な領域にチャレンジしていきますので、今後ともディーバをよろしくお願いいたします。

最後に・・・アベンジャーズはこれからフェーズ4という段階に移行し、さらに大きな世界として進化していくようです。今回の(一旦)完結を機に今までご覧になった事が無い方もぜひぜひご鑑賞ください。