メールマガジン

お問い合わせ・資料請求

2019年08月22日

株式会社ディーバ

第333回 (A) マズローの5段階欲求は、もう古い!

開発統括本部 連結会計事業部 アプリケーション開発統括部
プロダクト開発部 第1グループ グループ長 奈良 早理

先日、書店に行った時の事ですが、タイトルに記載の通り、「マズローの5段階欲求は、もう古い!」という帯を見かけました。書籍のタイトルは『最高の生き方』であり、著者はムーギー・キム氏となります。
私自身、心理学について精通しているわけでもなく素人なのですが、高校生の頃に倫理の授業の中でマズローについて学ぶ機会があり、当時の私には新鮮なものであり印象的であったため、興味を持ちました。

タイトルに該当する部分について概要としては、以下の通り記載されていました。

  • マズローの5段階欲求、すなわち、①生理的欲求・②安全の欲求・③所属と愛の欲求・④承認(尊重)の欲求・⑤自己実現の欲求の内、現代の多くのビジネスパーソンは、①~⑤の多様な価値のバランスとのとれたミックスではなく、その行動原理が④の承認欲求に集約される傾向がある。
  • 価値観が多様化している現代においては、⑤自己実現を細分化するのが相応しく、21世紀版として、ヒトの欲求の10大パターンとして提案する。

①生理的欲求・安全
②闘争・競争
③愛情・帰属
④承認欲求(外的自尊心)
⑤貢献欲求(生産欲求)
⑥学習・成長
⑦遊び(没頭・熱狂)
⑧認知欲(哲学・信仰)
⑨美術・芸術(感動)
⑩生きがい

今回は10大パターンの1つとなっている⑦遊び(没頭、熱狂)について触れてみたいと思います。

私は、社会人となって10年を超えておりますが、その多くの時間をソフトウェア開発に費やしてきました。その中で常に状況が許して来たわけではないのですが、この「遊び」という部分を非常に重視しております。

「遊び」という言葉だけをとると不謹慎に感じられるかもしれませんが、ソフトウェア開発はアイデアの集合体と考えています。遊びの心の中で創意工夫が生まれ、他にはないアイデアが生まれ、没頭する中で真に考え抜き、最終的にソフトウェアという媒体を通じてアイデアが形になることを経験してきたことがあります。
得てして、こういう時にはお客様への価値貢献も大きく、我々自身の達成感も大きいものとなっているように感じます。

今回一例とはなりますが、弊社ならではのDivaSystemの自社開発の中で、日々、ソフトウェア開発そのものを楽しむこと、その楽しむ先により大きなお客様への貢献があると考え、DivaSystemとしても、我々自身も成長できるように取り組んで、またこれからも取り組めるようにと考えております。

DivaSytemの次期の新バージョンを期待してお待ちいただければ幸いです。