プレスリリース・トピックス

お問い合わせ・資料請求

報道関係各位

2018年04月03日

株式会社アバント
株式会社ディーバ

自動車用モーターのトップ企業、ミツバグループ
グローバル共通での販売管理・生産計画の統一基盤にDivaSystem SMDを採用。販売数量の変更をリアルタイムに反映、ロス最小化へ。

   連結決算の自動化・グローバル経営管理を推進する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、社長:森川 徹治、以下ディーバ。アバントグループ)は、株式会社ミツバ(以下ミツバ)の販売管理・生産計画の統一基盤にディーバが提供する連結経営管理システムDivaSystem SMDが採用され、2018年1月に導入完了したことを発表します。  

 

【ミツバの挑戦 -ロスの最小化】

   ミツバは、1946年に創業した自動車用電装品(主にモーター・ワイパー)メーカーです。世界18カ国、80箇所以上に販売・生産拠点を持ち、外販はもちろん、グループ内でも製造部品・半製品の輸出入を行っています。
   同社ではかねてより、自然災害や政治的影響などによる販売・生産数量の変更に悩まされていました。急な計画値の変更は、後続の製造過程に混乱をきたし、グループ社内でロスを生じさせます。
   本プロジェクトでは、このような状況を打破するため、ミツバグループ内でタイムリーに計画の変更を共有可能なシステムの構築を目指しました。新販売管理システム構築プロジェクトには、ミツバ、ディーバ、両毛システムズ(ミツバグループ)の3社が共同で対応しました。

【ディーバの採用理由】

   ディーバ社およびDivaSystem SMDが採用されたポイントは以下です。

  1. 旧来は、ACCESSや他システムを複数用いて行っていた販売計画業務(入力・集計・分析)を、DivaSystem SMD一つで、全プロセスをカバーすることができた点
  2. 計画変更があった場合でも、オンラインで日次で変更点を共有可能だった点
  3. 旧来の販売計画業務だけでなく、グループ間取引の情報や、販売実績、受注の内示情報など柔軟に業務拡張が可能だった点

【プロジェクトの効果 – グループ全体の情報共有基盤の構築】

   本プロジェクトの主な効果としては、以下が挙げられます。

  1. 販売計画を日次更新することによる計画数値の精緻化
    グループ共通の販売計画システムとして、部門横断的にオンラインで情報共有することにより、情報伝達の遅れによる社内のロスを無くし、計画数値の精緻化に繋がっています。
  2. 内販の販売計画立案を自動化
    BOMと呼ばれる構成部品情報をシステムに反映することで、今まで対応できていなかった内売り(グループ会社間取引)情報を自動的に算出し、当該部門の業務拡張を可能にしています。
  3. 販売計画の分析の多様化
    昨年の販売実績やメーカーからの内示情報をシステムで一元管理することにより、より多様な分析を可能にしました。

   ディーバは、今後もDivaSystem SMDを活用したグローバル経営管理業務の高度化の支援を推進します。

 

 

<株式会社ディーバの製品・サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社ディーバ 広報担当/西原
TEL:03-5782-8628/MAIL: mkt@diva.co.jp

参考

【参考事例①】
ディーバ、明電舎のグローバル経営管理プロジェクトに参画 経営層はiPadでリアルタイムに経営情報を把握 ~管理部門の業務効率化、精度向上、意思決定のスピードアップに貢献~

【参考事例②】
横浜ゴム株式会社、創業100周年に向けグローバル経営管理業務を完全統合。新システムにDivaSystemを採用。

【参考事例③】
DivaSystem SMDとは?

DivaSystem SMDに関して】

   DivaSystem SMDは、連結会計領域でのプロフェッショナルであるディーバ社が、950社の導入実績に基づくノウハウを凝縮して開発した連結経営管理システムです。グループ各社の業務システムの販売明細・原価明細等を用いて、直接、多軸属性情報を含んだ連結損益の情報を生成することができます。各社の業務システムから”サマリ”される前のトランザクションデータを直接吸い上げることで、連結ベースの収益構造・原価構造、ひいては事業全体を見える化することができます。

   製品紹介ページ:https://www.diva.co.jp/product/divasystem-smd.html 

【株式会社ディーバに関して】

   ディーバは1997年に、連結会計ソフトウェア分野における専門ベンダーとして設立しました。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービスを提供しています。
   経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内外を問わず950を超える企業群に選択されています。
   今後も、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートし続けます。
   なお、2013年10月に株式会社ディーバから株式会社アバントに商号変更し、持株会社制へ移行。新たに株式会社ディーバを設立し、ソフトウェア事業を承継しました。2018年3月に東証一部に上場した株式会社アバントの100%子会社です。

社名          :株式会社ディーバ
設立          :2013年10月1日
代表者       :代表取締役社長 森川 徹治
URL           :https://www.diva.co.jp/index.html
主要業務   :ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・
                    コンサルティングサービス・サポートサービス など
本社所在地:東京都港区港南2丁目15番2号 品川インターシティB棟13階

【アバントグループに関して】

   アバントグループは「経営情報を未来の地図に変えていく」をミッションとして掲げ、経営情報の「見える化」「使える化」「任せる化」の3本柱で、CIFO(CFOとCIOの業務)を支援するプロダクト及びサービスを提供する企業グループです。アバントをホールディングカンパニーとして、連結会計のディーバ、ビジネスインテリジェンスのジール、アウトソーシングのフィエルテを中心に、グループ6社で専門性の高いソリューションを提供しています。

<アバントグループ>
○株式会社アバント
○株式会社ディーバ
○株式会社ジール
○株式会社インターネットディスクロージャー
○株式会社フィエルテ
○DIVA CORPORATION OF AMERICA