プレスリリース・トピックス

お問い合わせ・資料請求

報道関係各位

2018年05月07日

株式会社アバント
株式会社ディーバ

漢方のツムラ、高精度需要予測からのS&OPを達成。経営管理システムにはDivaSystem SMDを採用。~次期中期経営計画策定においても使用予定~

連結決算の自動化・グローバル経営管理を推進する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、社長:森川 徹治、以下ディーバ。アバントグループ)は、株式会社ツムラ(本社:東京都港区、社長:加藤 照和、以下ツムラ。)の経営管理システムとして、DivaSystem SMDが採用されたことを発表します。DivaSystem SMDは、2016年に稼動し、業績見込み、計画策定などに活用されています。2018年は、2019年度から始まる次期中期経営計画の策定においても使用される予定です。

 

 

【背景】– 生薬・漢方事業の特殊性

ツムラは、医療用漢方製剤を中心とした医薬品の製造・販売を行う会社です。生薬・漢方事業のサプライチェーンは、原料生薬の栽培、調達、生産、販売であり、長期間を要します。そのため、将来リスクを早期に察知し、柔軟かつ適切に対応する体制の確立を目指し、2012年にSCMと経営管理システムの導入プロジェクトを開始しました。

【プロジェクトの内容】 – SCM+経営管理システム導入

本プロジェクトでは、SCM導入により需要予測から生産計画、生薬調達計画といったサプライチェーン全般の計画精度を向上させるとともに、経営管理システムにより販売単価・数量、原料価格、為替変動などによる資金・利益・在庫の変動をシミュレーションする基盤を構築しました。経営管理システムには、DivaSystem SMDが採用され、計画基礎情報の一元管理・フローの見える化・タイムリーなシミュレーションを実現しています。

【導入効果】

計画の一元化、予実管理の精度向上
システムの計算結果を各部門の計画として採用することで、社内計画の一元化、予実管理の精度向上を実現しました。

計画策定期間の短縮
従来、エクセルによる各部門リレー方式で計画を策定していましたが、システム導入により各部門の作業が限定的となった結果、トータルの計画策定期間が短縮しました。

【ディーバの評価】

ディーバ社およびDivaSystem SMDが評価されたポイントは以下になります。

  1. システム会社でありながら、コンサルタントの業務、事業構造への理解度が極めて高かった点
  2. コンサルタントがシステム設計を行うワンストップの体制により、要件変更にスピード感をもって対応できた点
  3. DivaSysten SMDの高い柔軟性により、要件反映への網羅性が極めて高かった点

ディーバは、今後もDivaSystem SMDを活用したグローバル経営管理業務の高度化の支援を推進します。

 

<株式会社ディーバの製品・サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社ディーバ 広報担当/西原
TEL:03-5782-8628/MAIL: mkt@diva.co.jp

【関連プレスリリース】

【事例リリース①】
自動車用モーターのトップ企業、ミツバグループ グローバル共通での販売管理・生産計画の統一基盤にDivaSystem SMDを採用。販売数量の変更をリアルタイムに反映、ロス最小化へ。

【事例リリース②】
ディーバ、明電舎のグローバル経営管理プロジェクトに参画 経営層はiPadでリアルタイムに経営情報を把握 ~管理部門の業務効率化、精度向上、意思決定のスピードアップに貢献~

【事例リリース③】
横浜ゴム株式会社、創業100周年に向けグローバル経営管理業務を完全統合。新システムにDivaSystemを採用。

【製品リリース】
DivaSystem SMDとは?

DivaSystem SMDに関して】

DivaSystem SMDは、連結会計領域でのプロフェッショナルであるディーバ社が、970社の導入実績に基づくノウハウを凝縮して開発した連結経営管理システムです。グループ各社の業務システムの販売明細・原価明細等を用いて、直接、多軸属性情報を含んだ連結損益の情報を生成することができます。各社の業務システムから”サマリ”される前のトランザクションデータを直接吸い上げることで、連結ベースの収益構造・原価構造、ひいては事業全体を見える化することができます。
製品紹介ページ:https://www.diva.co.jp/product/divasystem-smd.html

【株式会社ディーバに関して】

ディーバは1997年に、連結会計ソフトウェア分野における専門ベンダーとして設立しました。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービスを提供しています。
経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内外を問わず970を超える企業群に選択されています。
今後も、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートし続けます。
なお、2013年10月に株式会社ディーバから株式会社アバントに商号変更し、持株会社制へ移行。新たに株式会社ディーバを設立し、ソフトウェア事業を承継しました。2018年3月に東証一部に上場した株式会社アバントの100%子会社です。

社 名   :株式会社ディーバ
設 立   :2013年10月1日
代表者  :代表取締役社長 森川 徹治
URL    :https://www.diva.co.jp/index.html
主要業務 :ビジネスソリューションパッケージの開発・ライセンス販売・
コンサルティングサービス・サポートサービス など
本社所在地:東京都港区港南2丁目15番2号 品川インターシティB棟13階

 

【アバントグループに関して】

アバントグループは「経営情報を未来の地図に変えていく」をミッションとして掲げ、経営情報の「見える化」「使える化」「任せる化」の3本柱で、CIFO(CFOとCIOの業務)を支援するプロダクト及びサービスを提供する企業グループです。アバントをホールディングカンパニーとして、連結会計のディーバ、ビジネスインテリジェンスのジール、アウトソーシングのフィエルテを中心に、グループ6社で専門性の高いソリューションを提供しています。

<アバントグループ>
○株式会社アバント
○株式会社ディーバ
○株式会社ジール
○株式会社インターネットディスクロージャー
○株式会社フィエルテ
○DIVA CORPORATION OF AMERICA