プレスリリース・トピックス

お問い合わせ・資料請求

報道関係各位

2015年02月03日

ディーバ、北米現地企業の連結決算業務の負荷を軽減する 保守サポートサービスを提供開始 ~ サポート時間の拡大により、北米現地企業への迅速な問い合わせ対応を実現 ~

グループ経営管理高度化のための連結会計システム及び、経営管理ソリューションを提供する株式会社ディーバ(本社:東京都港区、社長:森川徹治、以下ディーバ)は、グループ会社のDIVA CORPORATION OF AMERICA(本社:Burlingame,California、以下DIVA AMERICA)による「米国保守サポートサービス」を、本日より提供開始することを発表します。

DIVA AMERICAでの保守サポート窓口の設立は、大森オフィスに続く、2拠点目の保守サポート窓口となります。

近年、経営環境のグローバル化が進み、事業拠点だけではなくバックオフィス機能も海外現地法人化する企業が増加しています。それに伴い、海外現地法人のサブ連結やコーポレート機能の海外移転に関連する保守サポートの需要が高まっています。このようなニーズを受け、特に時差の大きな北米の現地企業を対象とした、米国保守サポートサービスを提供開始しました。

米国保守サービスでは、保守サポート可能な時間帯を拡大し、英語と日本語による迅速で質の高い保守サポートを提供します。また、環境を用意いただくことにより、より迅速な問題解決が可能なリモート操作でのサポートも提供します。
 

【米国保守サポートサービス:主な特徴】
・  日本語/英語によるメール、電話での問い合わせに対応
・  環境を整えていただくことでリモート操作でのサポートに対応

ディーバではDIVA AMERICAによる「米国保守サポートサービス」を、既存のお客様を対象に、年内に30社へ提供することを目標としています。

 

株式会社ディーバについて

株式会社ディーバは国内トップシェアを誇る連結会計システムDivaSystemを中核とした連結会計・グループ経営管理ソリューション、高い専門性を備えたアウトソーシングにより、企業経営にまつわるお客様業務をトータルに支援しています。主力製品の「DivaSystem」は、お客様の規模や業種を問わず、800社以上が利用し、連結会計システム市場のシェアNo.1(*1)を誇ります。

*1:出所:富士キメラ総研 ソフトウェアビジネス新市場 2014年版

DivaSystemについて

DivaSystemは、連結決算の効率化・早期化・高度化を実現する、企業グループ向けの連結会計システムです。DivaSystemは経営の視点から生まれた連結決算のシステムで、”連結経営”システムへと発展を続けています。高速処理により連結財務諸表を短時間で作成することはもちろん、充実した管理会計機能により、オンラインでの詳細な経営情報分析を可能とします。ERPとの連携で経営情報として有効な予算データや人員などの非会計情報も効率的に収集・管理することができます。 
東証一部上場企業の時価総額トップ50社のうち25社がDivaSystemをご利用中です。(2014年9月末時点) 
DivaSystemは、「誰もが経営情報を見て使える」という視点を持った製品を目指しています。

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ディーバ 営業本部 マーケティング室
担当:山田
TEL:03-5782-8628 FAX:03-5782-8621

広報代行:株式会社アクティオ
担当:福澤
TEL:03-5771-6426 FAX:03-5771-6427