製品・サービス・保守

お問い合わせ・資料請求
  • 連結会計 アイコン

DivaSystem 10

累計850社以上の導入実績を誇る
日本トップクラスの連結会計システム

  • 製品概要
  • 実績・強み
  • 主要機能

DivaSystemは、変化する業務形態や会計制度にスピーディに対応し続け、日本国内でトップクラスの運用実績を誇る連結会計システムです。高度な機能と使いやすさを両立しており、決算期の統一や決算早期化など連結会計業務における課題の解決はもちろん、IFRS早期対応など企業に求められる取り組みを的確にサポート。内部統制の強化にも貢献します。

グループ会社からのデータ収集、連結決算処理、データ分析といった、連結決算や連結グループ管理に関する各種業務を統合。制度連結に加えて管理連結にも対応し、双方で作成したデータの連携や分析を同一システム上でシームレスに行うことができます。また、複数通貨の連結財務諸表作成や英語による連結処理(海外サブ連結)など、グローバル規模の業務も1つのシステムで行えます。

DivaSystem 10 イメージ
主な特徴
  • DivaSystem 10 特徴

    既存のシステム環境や業務形態に応じてデータ収集方法を選択でき、効率的な運用が可能。

  • DivaSystem 10 特徴

    連結会計業務で求められる機能を標準で網羅しており、制度の変更などにも迅速に対応。

  • DivaSystem 10 特徴

    扱いやすいユーザーインターフェースで業務担当者の作業効率向上と負担削減を支援。

  • DivaSystem 10 特徴

    単一システムで、データ収集からレポート出力まで一貫した業務をサポート。

  • DivaSystem 10 特徴

    海外サブ連結(複数通貨、複数言語)に対応し、グローバル規模の業務基盤整備やガバナンス強化を実現。

次のようなお客様の課題に応えます。
  • グループ経営における決算時期の統一、早期化に向けて、会計業務の改善や効率化を図りたい。
  • グループ各社からのデータ収集やチェック業務の負荷を削減したい。
  • 財務連結データと付随する情報データの一元化を行い、整合性確認や資料作成に要する労力を削減したい。
  • 連結決算システムの集計処理に時間がかかる現状を改善し、スピードアップしたい。
  • IFRS早期対応を図るにあたって、会計業務の体制強化と効率化を同時に進めたい。
  • 海外拠点のグループ情報管理や連結会計業務を一元化して、効率化、早期化を図りたい。

実績・強み

累計850社の導入実績・連結会計システム国内シェアNo1※

1997年のリリース以来、着実に積み重ねてきた実績と信頼があります。

導入実績社数推移
2015年9月末時点
DivaSystem 10 導入実績社数推移

※出典:富士キメラ総研 ソフトウェアビジネス新市場 2013年版・2014年版・2015年版

企業規模に捉われることなく活用できる高い柔軟性
子会社数別利用状況
2015年9月末時点
DivaSystem 10 子会社数別利用状況

ノンカスタマイズでも導入可能な、標準機能の高い適合率がポイント。柔軟なアーキテクチャにより、小規模から大規模まで、お客様要件に合わせたカスタマイズにも対応します。

初期バージョンから最新バージョンまで一貫したサポート

充実した製品サポートにより、多くのお客様に10年以上継続してご利用いただいています。

主要機能

データ収集・入力

使いやすいユーザーインターフェース(入力画面)を備え、スムーズな業務を支援します。
また、グループ各社が基幹システムや会計システムで作成しているデータを収集するための方法を複数用意。オンライン経由のリアルタイム収集にも対応します。

  • Web経由の収集(オンライン)
  • 基幹システム(ERPなど)や一般会計システムとのダイレクト連携
  • Excel形式ファイルやテキスト形式ファイルのインポート
データ処理

複数の会計基準や複数のシナリオに基づく連結処理、目的に応じた連結範囲の変更など、柔軟な連結プロセスに対応。すべてのデータを一元管理して共通で利用できる環境を実現します。

共通データを利用して、異なる範囲の連結決算データ(サブ連結、速報用など)や、多階層のセグメント別連結データの作成も可能です。

データ処理は非常に高速で、複数の処理を同時に行うこともできます。

レポート出力

さまざまな形式でレポートが出力可能です。

  • 定型レポート 約300種類にわたるテンプレートから任意に選択、出力できます。
  • オリジナルレポート 独自のExcel関数による操作でDivaSystemに格納されたデータを直接Excelに抽出し、自由度の高いレポートを容易に作成できます。
  • ドリルダウンレポート 連結精算表、連結CF表から仕訳データまでドリルダウンして、各種レポートを生成できます。
多次元分析

予実対比や期間比較、推移分析などを標準機能の範囲で実行できます。

デモンストレーションが見たい
デモンストレーションが見たい
導入事例(課題解決例)はこちら