製品・サービス・保守

お問い合わせ・資料請求

連結経営管理・管理会計(CPM)
コンサルティングサービス

お客様とともに目指すべき姿を考える経営・業務の視点と
最終的なシステム実装まで対応するシステム実装力を持つ
連結経営管理のエキスパートが管理会計の仕組み作りを支援

  • 概要
  • プロセス

DIVAでは、お客様のさまざまな連結経営管理(CPM)の取り組みを成功につなげるために、各業種、各テーマにおける管理会計の経験豊富なコンサルタントを擁し、CPMの専任コンサルティング・チームを用意しています。

940社を超えるDivaSystemの導入経験はもとより、多様な業種・テーマでの実務経験を通じて培った連結経営管理に関する豊富な知見に基づき、お客様の経営管理の高度化に向けた構想策定、業務要件定義から、最適なソリューションの開発、実装、運用支援までワンストップでサポートします。

次のようなお客様の課題に応えます。
  • 海外子会社の経営管理、情報システムの情報をほとんど把握できていない
  • 予算編成、グローバルデータ連携・DWH構築、管理連結、財管融合、決算期統一など、テーマが複数に横断している
  • どのようなKPIを設定し、どう継続的にPDCAを回すのが成果につながるのか見えていない
  • 具体的な効果(ROI)が定かでないと、取り組みを進めることはできない
  • 具体的にどのようなシステムを構築すべきか、方針が定まらない
  • 過去に同様のシステムを構築したが、当初の目的が未達成、運用定着せずに失敗している
連結経営管理の対応領域
連結経営管理・管理会計(CPM)コンサルティングサービス

モノ・カネ情報を連動した連結原価計算、将来予測(シミュレーション)・最適化まで、さまざまなCPMのテーマに対応します。

  • 経営情報の見える化、ダッシュボード
  • 連結管理会計、財管融合
  • 予算編成、見込・着地管理
  • グローバルデータ連携、マスタ統合

コンサルティングサービスの流れ

連結経営管理・管理会計(CPM)コンサルティングサービス
1.基本構想:現状の把握、目的の明確化

経営トップ、経理・経営企画などの本社管理部門はもちろんのこと、営業、生産、調達などの事業部門、海外拠点も含めたヒアリングを行い、現状の把握ならびに実現すべき効果(目標)を明確にします。
単なるツール開発ではなく、マネジメントプロセス改革を確実かつ効率的に行うために、プロジェクトのスコープ・方向付けを実施。お客様と緊密に連携して、最短距離での実現につなげます。

2.要件定義:課題の抽出と優先順位付け、解決策の特定

ヒアリング結果に基づき、解決策の内容や方法についてお客様とディスカッションを行い、課題を抽出。
因果関係ならびに優先順位付けを行い、本質的な課題を明確化します。
システムの要件定義、基本設計は、DIVAが中心となって行います。

3.プロトタイプの策定とソリューション選定

プロトタイプを作成し、解決策の内容や方法、効果を検証。導入すべきソリューションの要件、実現スケジュールを具体化していきます。必要に応じて、お客様の代行として提案依頼書(RFP)の作成、製品ならびに構築ベンダーの選定を行います。

4.システム設計、構築ならびにプロジェクト・マネジメント

システム設計以降のフェーズにおいても、プロジェクト・マネジメント(PMO)としてシステム構築に積極的に関与し、SIベンダーによって対象のアプリケーションがプロジェクト当初の意図、目的から外れていることがないかを業務、技術の両面から監督し、お客様との橋渡しを円滑に行います。
また、現行システムのナレッジが必要な部分や、アプリケーションの保守・運用を見据えて、お客様に積極的に参画いただきながらスキル移転を実施します。
DIVA自らが、引き続きシステム構築(SI)を主導するケースもあります。

5.運用支援、ナレッジプロセス・アウトソーシング

試験運用を経て、システム構築を完了した後も、お客様への円滑なスキルトランスファーならびに運用の定着、新たなテーマへの取り組みなど、成功に向けたナレッジプロセスの高度化を、お客様にとってのインサイダーとして継続的に支援いたします。

製品・サービスに関するお問い合わせはこちら