製品・サービス・保守

お問い合わせ・資料請求

IFRS導入支援サービス

プロジェクト経験を基にIFRS導入の方法論を整備
製品、教育、サービスの各面からお客様を支援

  • 概要
  • プロセス・体制

DivaSystemユーザ様のIFRS対応を支援するべく、IFRS任意適用プロジェクトへの参画や、さまざまなIFRS推進活動を実施しています。IFRS任意適用プロジェクトの経験や、任意適用ユーザ様からのフィードバックを基に、適切かつ効率的なIFRS導入を実現する「IFRS導入方法論」を整備し、これを活かした「IFRS導入支援サービス」をご提供しています。

すでに多くの任意適用企業が利用している連結会計システムDivaSystem、セミナー(教育プログラム)、そして支援サービスという全方位のアプローチによって、お客様のIFRS導入をサポートします。

【DIVAの取り組み】
  • IFRS任意適用プロジェクトへの参画(2015年12月時点参画実績:約60社)
  • 任意適用企業を中心としたIFRSユーザ会を定期的に開催
    (プロジェクトの情報交換、DivaSystem新バージョンに対する意見交換)
  • 監査法人と共同で「IFRS勉強会」を定期的に開催
IFRS導入支援サービス
サービス
  • IFRS導入方法論を整備し、IFRS導入支援サービスを提供

IFRSプロジェクトの流れ

IFRS導入方法論を活用することで、準備段階と導入・構築段階の負荷やコスト、リスクを抑制し、トータルでプロジェクト期間を短縮することが可能になります。

IFRS導入支援サービス
  1. プロセスマップ、タスク定義書(プロセス/タスク)の適用により、リスクの低いプロジェクト計画を効率的に策定
  2. 各種検討資料、成果物テンプレート(ツール/成果物)の流用により、設計/構築などの実装負荷を低減
  3. リスクが低いプロジェクト遂行の結果、IFRS移行を効率的に実施
プロジェクト体制(制度対応部分)
準備 導入・構築 IFRS移行
経理部門
  • 会計方針策定/開示モデル定義
  • 会計基準書作成
  • DivaSystem設定、任意レポート構築
  • 開始BS値作成
  • グループ会社教育
  • 並行運用期間IFRSベース連結決算
情報システム部門
  • IFRS用環境準備
  • 個別会計/固定資産システム調整
  • 個別会計/固定資産システムの対応
  • 収集画面構築
  • システム運用支援
監査法人アドバイザリ
  • 会計方針策定/開示モデル定義
  • 決算業務面からのIFRS化支援
  • 開始BS値レビュー
  • 決算業務面からのIFRS化支援
連結システムベンダ
  • 開示モデルに基づいた連結システム要件定義/概要設計
  • アプリケーション面からのIFRS化支援
  • 収集画面設計
  • アプリケーション面からのIFRS化支援
製品・サービスに関するお問い合わせはこちら