2012.11.30 プレスリリース

ディーバ、グローバル対応を強化した「DivaSystem 9.7」を提供開始 ~海外子会社向けの機能でグローバルマネジメントを支援~

グループ経営管理高度化のためのソフトウェアと業務支援サービスを提供する株式会社ディーバ(東京都港区、代表取締役社長:森川 徹治、以下ディーバ)は、連結会計システム「DivaSystem(ディーバシステム)」の最新版「DivaSystem 9.7」を本日11月30日(金)より提供開始します。最新版では、海外子会社のサブ連結機能やグループ会社のデータ収集機能を強化し、企業のグローバルマネジメントを支援します。

グループ経営管理先進企業のニーズを吸収

多くの日本企業にとって、グループ経営管理、特にグローバルマネジメントが喫緊の課題となっています。具体的には、売上高における海外子会社の存在感の高まりを見据えた、本社と海外子会社の役割の変化や、海外戦略推進のための海外地域統括会社の設立が大きなトレンドとなっています。そのような環境下において、日本にいながら海外地域統括会社、海外子会社の事業推進を適切に支援しつつ、ガバナンスを強化することがグループ本社に求められています。

「DivaSystem 9.7」では、親会社のガバナンスを担保しながら、海外地域統括会社や海外子会社への権限委譲を促進するサブ連結機能強化や、現地法人も含めたグループ全体で容易に質の高いデータ収集を行える機能強化を行っています。ディーバは「DivaSystem 9.7」により、グローバルで共通のマネジメントインフラ上でグループ経営を推進させる、グローバルマネジメントを実現します。

「DivaSystem 9.7」の主な追加機能

■グローバルサブ連結機能の強化

  • 英語化対応
    連結決算業務に必要なマスタメンテナンス、連結仕訳入力など、英語での連結決算処理が可能に
  • 多通貨対応
    サブ連結ごとに、連結決算作業、連結決算処理を行う現地通貨を設定可能に
  • サブ連結決算データの親会社との自動連携対応
    サブ連結した結果を親会社の決算用データとして自動連携が可能に
  • 運用権限委譲対応
    システム管理・運用の一部を、サブ連結側で実施可能に


■グループ会社データ収集機能の強化

  • ウィザード機能の追加
    経理担当者が、容易にデータ収集を作成可能なウィザード機能を追加
  • 多段階承認機能
    グループガバナンスの強化のため、グループ会社入力データの承認フローを任意の多段階に設定可能に
  • 収集データの品質向上のためのドリルダウン機能
    グループ全体の収集進捗管理画面にて、把握した問題点を収集データ明細までドリルダウン可能に


■その他

  • 付箋、添付ファイル機能
    決算における作業漏れや、関連証憑の一元管理のため仕訳データに付箋、添付ファイルを追加することが可能に


「DivaSystem 9.7」は、通常バージョンアップでの対応となり、既にDivaSystemをお使いのお客様に対しては、基本モジュールを通常保守費用内にて提供します。
新規のお客様に対しては、今後1年間で30社への導入を目標としています。

ディーバは今後も、お客様のグループ経営管理、連結会計ニーズを吸収した製品及び、サービス提供を行なってまいります。

DivaSystem(ディーバシステム)について

DivaSystemは、連結決算の効率化・高度化・早期化を実現する、大規模企業グループ向けの連結会計ソリューションシステムです。DivaSystemは経営の視点から生まれた連結決算のシステムで、”連結経営”システムへと発展を続けています。高速処理により連結財務諸表を短時間で作成することはもちろん、BI製品との連携によりオンラインでの詳細な経営情報分析を可能とします。ERPとの連携で経営情報として有効な予算データや 人員等の非会計情報も効率的に収集・管理することができます。
東証一部上場企業の時価総額トップ50社のうち26社がDivaSystemをご利用中です。(2012年9月末時点)
DivaSystemは、「誰もが経営情報を見て使える」という視点を持った製品を目指しています。

株式会社ディーバ(JASDAQ:3836)について[https://www.diva.co.jp]

株式会社ディーバは1997年に設立された、連結会計ソフトウェア分野における国内のリーディングカンパニーです。本社とグループ会社を連動させた連結視点での経営管理基盤をパッケージとして提供し、幅広いパートナー企業とともにコンサルティングサービス・販売・サポートサービスを提供しています。経営効率を高める連結会計ソフトウェアには、より信頼性のある製品、および高品質なサービスが求められており、格段に高度化・複雑化したお客様の要件を実現できる経営情報基盤として、国内650社を超える企業に選択されています。
ディーバは、経営情報の透明性を高め、経営品質の向上をサポートします。
2007年2月、ヘラクレス(現JASDAQ)に上場。

お問い合わせ先

■株式会社ディーバ 広報担当 PR@diva.co.jp

■広報代行:株式会社アクティオ 業務管理本部 担当:福澤
電話:03-5771-6426/ E-mail:diva-pr@actioinc.jp

SEMINAR / EVENT

セミナー / イベント

セミナー/イベント一覧を見る

お問い合わせ